「大人数 ガチ」 カテゴリーの記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:Nicom@sRockFes2010 OPENING ACT - Dreamin -
作者:G様P
特徴:IDOLM@STER_GirlsSide MikuMikuDance BOΦWY おっさんホイホイ



 開始1秒でぶっほおあっ!? となった管理人である。

かっこ良すぎだろおい!?

 だって ↑これ だもんねえ。
 G様Pなら確かにこう来るだろうけど、初見ではP名タグに気付く前にこのシーンを見たもんだから、もう唖然。
 今までも男声曲を使ったニコマスは多数出ているが、こういう形になるとまた感慨が違う。

G様Pのお好みですね

 んで、メインボーカルの光希に負けず劣らず目立ってるのがぎた春香。
 全員男にはせず、紅一点がギターである。
 管理人はよく知らないのだが、ギターや動きがとにかく布袋だそうな。
 なお、この作品の影響か、けいおん! の同名キャラの影響かは曖昧だが、ドラム担当が律なのはもう当たり前のようになっている罠(笑)。ベース担当の千速様は地味に直立不動・・・であるのだが、どうもそれも元バンド準拠らしい。

 ちょっと独特なのは、ステージライブPVなのにダンスは無い事だろうか。
 普通に楽器持ってマイク持ってバンドである。だから勝負ポイントは大きなモーションではなく微妙なこだわり、例えば表情の作り込みだ。
 MMDらしからぬ色気めいた物を感じる管理人であるが、貴方はどう見るだろうか?
 そしてMMDはまた一歩階段を上っていくわけだね。もう凄いとしか。

 まー何にしろ、この巨大なインパクトは尋常じゃ無い。
 つーかG様P、アンタ半分主催者側だろ。Nicom@sRockFes2010の開幕にいきなり参加者殺しを投入してどうする(笑)。
 え? それがニコマスの定番だろって? た、確かに・・・。
題名:【NONOWIRE10】アイドルマスター Waters of Nazareth
作者:てぴてP (TPTPなんだけど、音いじりをしない作品ではこの名義)
特徴:アイマス企画告知 im@sオールスター Justice



 この動画、一応メインで使われている曲はJusticeのWaters of Nazarethであるが。
 その他にも告知動画の一環として様々な曲が使われている。NoNoWire10の文字に惹かれる人なら、2曲ぐらいはニヤリと来るんじゃ無かろうか?

 と言うわけでこの作品は、ニコマステクノ祭「NoNoWire10」の支援告知動画である。
 しかし、日時や参加規定を並べただけでなく、サンプルを並べているのが珍しい。

いおりー

 告知動画は大抵、そのジャンルに属する曲を一つピックアップしてBGMにする。
 が、この作品は様々なジャンルの曲を少しずつ切り取って、それに合わせた映像を付けて、プレゼン的な面を前に出している
 本番までにそれぞれのフルバージョン作ってね♪ とジョークを飛ばしたくなるが、気軽に言うのは少々厳しいほどのバリエーション&クオリティだ。
 告知動画であると同時に「こういう形の単品作」として普通に通用する作品となっており、それが告知動画らしからぬマイリス率に端的に表れているのだろう。

ちはやー

 ・・・なんか他のイベント(ロックフェス、ジャズフェス、フォークジャンボリー)に含まれづらい物を片っ端から並べた気も、しないでも無いけどね(笑)。
 が、ジャンルなんてもんは極端な事言えば貴方がテクノと思った物がテクノであるからして、要するにやったもん勝ちという事だろう。同じ事は他のイベントでも言えるがな(笑)。

 ちなみにここにはシック系の絵を並べたが、ネタっぽい所もちゃんとあるので覚悟しなされ。

 ともあれ、これは「参加者殺し」とか「ハードル上げ」とか言われる類の作品なわけだ。
 ニコマスではよくある事。
 管理人は個人的にNoNoWireが結構好きなので、こういう動画が参加者を呼び込んでくれると嬉しい。
題名:【アイドルマスター】なつますっ! SUPER LIVE!!【0907P合作】
作者:あきやんP じぇみにP くたーP k-zo氏
特徴:iM@Sオールスター LiveM@ster 公式曲アレンジ



 とりあえず↓を見ろ。話はそれからだ。

ふおおっ燃ゆる!!

 これがこの合作の特徴である。
 広大なオリジナルステージ、トリオ4組に対して公式曲アレンジ4曲。観客はサイリウムを振り回し、司会進行ピヨちゃんの声が時々かき消されたりする。
 え? MMDを使ってるのかって?
 いやいや。フェアリーのトリオはPSP版から根性の手動抜きである。色々と策はあるのだが、それでも最後は根性である。で、解像度の低さはステージ構成でフォローしている。
 他のアイドルのステージは箱○版の映像なのだが、その質に落差をほとんど感じない。
 今まで見たSPMADの中でも、これは最高レベルの出来では無かろうか?

 と言うわけで中盤に度肝を抜かれたこの合作だが、上記の通りステージは4パートある。

盛り上がらずにおられようか

 他のパートだって負けてないぜ!
 で、それぞれにアレンジされた公式曲が投入されているのだが、そのアレンジがまた熱い。ラストなど、イントロでは曲が分からないという演出が入っているのがニクい。
 歓声とか長めの間合いとか、録音スタジオでなく野外ライブだという事を考えた音作りもミソであろう。視覚に隠れがちだが、聴覚が人間心理に及ぼす影響はでかいのだ。
 音源担当k-zo氏、作者マイリストを見るとリアル知人まで巻き込んで相当頑張った模様。
 だからヘッドホンで大音量で聞くよろし。ノリが違う!

 いやー参った。
 14分は普通なら長い。管理人も、見る前は「長いなこれ」と思った。
 だが見終わった時にはえ? アンコールは無いの!? と思ってしまった。
 MADではなくライブを見る感覚になっちゃったもんだから、14分じゃ短いのなんの(笑)。

 と言うわけで、空気に乗れる人なら間違いなく大ハマりする作品である。
 ぶっちゃけ、アイマスライブでサイリウム振り回して来た人は絶対見とけ、という事だ。
題名:【MAD】アイドルがピースしたら世界が滅んだ【アイドルマスター】
作者:@まさたかP うしわかP おくるだP お茶P カズヤP 島P しょじょんP シラカワP deadblue238P tloP 魔汁P
特徴:im@sオールスター やくしまるえつこ ヴィーナスとジーザス



 管理人は、この作品のタイトルが何故こんなになってるのか、その理由を知らない。
 で、それに従うなら人類滅亡合作とでも呼ぶべきなのかも知れないが、実際にはその映像の構成からお洒落合作という呼称が定着しつつある模様。

静止画だとここの凄さが分かりづらいね

 うん無理もないね。マジおしゃれ。
 総勢11人で3分の動画を合作するとなると、各Pの担当時間が結構短くなる。当然ながら各Pにはそれぞれ個性という物があり、しかも上記の通りの濃いメンツ・・・しかも一部は主戦場がニコマスでは無い・・・が揃ったからには、その個性が喧嘩する可能性だってあったはず。
 けど、出来た作品を見ると一つの作品としてちゃんと芯が通っていたりする。みんなその辺は気を使ったんだろうか? 例を挙げれば、お茶Pがほめ春香を自重したり、カズヤPが兄貴を自重したりした所とか。
 誰かが強力なリーダーシップを発揮したのか、集まった面々がお約束を高レベルに共有したのか・・・多分後者だと思うが、こういう事が出来てしまうコミュニティって結構凄いような。

 で、動画についてだが・・・前日に投入されたぴっかりP作品と好対照を成すかのように、この作品はステージから解放されたアイドル達を縦横無尽に活用している。
 抜き技は両方とも使っているのだが、その方向が正反対。そんな大作がほぼ同時期に投稿される偶然は、見てる分にはなんとも面白い。Pは胃が痛みそうだけど(笑)。

実は真はここしか出なかったり(苦笑)

 どのパートをどのPが担当したかの予想が流行っているようだが、管理人はまず間違いなく間違えまくるので不参加で(笑)。
 そうこうしてる内に壁紙配布が始まったので、それで各Pの担当箇所はバレそうだ。
 ちなみにその壁紙作成は唐突に決まったようで、Twitter上でうしわかPが驚いてたのが印象的だった(笑)。

 全体的な空気としては、涼しげで軽めな歌を選んだ事もあり、淡い味わいをメインに進んでいく感じ。いくらでも濃く出来るメンツだろうけど、完成品は基本的に「薄め」である。
 でも味がない訳じゃない。3分の中に詰め込まれた物の密度は尋常じゃない。素晴らしい味があるんだけど、でもあっさり風味。抑制が効いてるとでも表現すべきか。
 多分この合作は、それで正解なのだろう。全力で濃い方面に好き勝手やらかしたのも見たい気はするが(笑)。

 細かいところは各自見て頂くとして、やっぱり総じて言うと「この作品はお洒落」という一言が、過不足の無い解説な気がする。
 ここまで集めてここまでまとめる。よくもまあここまで、という感じであった。
題名:アイドルマスター サクラ大戦 「夢のつづき」全面改訂版
作者:ぴっかりP
特徴:im@sオールスター アイマス歌劇団 謎の技術 im@sミュージカル



 ぴっかりPはこの曲で2年4ヶ月前にもPVを作っている。七夕革命が起きる前だ。
 で、今回はそれを、基本方針は維持しつつ全面的にリメイクしてきた。
 このステージPVは正に歌劇団と呼ぶにふさわしい。
 例えスポットライトを浴びて歌い踊る女の子の数が同じであっても、AKB48と宝塚歌劇団では全く違うステージになる。そしてこの作品の持つ雰囲気は、後者の持つそれに近い。
 加えてこの規模、この緻密な作り込みとあっては、そりゃもう24時間でマイリスト数が5000を突破したりもするわな。

いきなりなんだこれは!

 初っ端から立ち位置がおかしいし服装も色が違うし、春香はステージの後ろにある階段を上ってくるし。
 いきなりこれでもう魂鷲掴みである。
 春香が赤ではなく桃色とか、千早が青くないとかは、元ネタであるサクラ大戦側の準拠っぽいけど、実は管理人はその辺をよく知らない。でも視聴者コメが結構教えてくれる(笑)。
 いや、見る側にもサクラ大戦のファンがずいぶんいるようで、そのコメントの熱さもまた見所だったりするのだな。ライブでサイリウム振り回されるとテンションが上がるのと同じで、こっちも引きずり込まれてしまう。

さり気なく後ろを見せるカメラがですね

 新たなアイドルが出てきたり一旦照明が落ちたりする、その構成も歌劇っぽい。

普通に見えるのが逆に怖い

 そもそも「アイドルの服装の色を上半身だけ変え、スカートや手袋は変えない」とか、「抜いたアイドルを交差させる」「歌の歌詞と口パクを合わせる」といった作業は、それ単独でも調整にかなり気を使う作業だったはずだが・・・その全てを全員ステージに投入するという時点で、もう労力が想像を絶する。
 普通に階段降りてくるのだって、本来ならあり得ないはず。
 ちなみに床にスモークが焚いてあるのは、そうする事で全員をステージに乗せた際の違和感を消すためではないかと見た。
 加えて、あえて各自の動くタイミングを微妙にずらし、リズムは合わせつつ自然さを出すという職人芸も健在。意外にこれ、追随者がいないのよね。

 誰が見ても分かる完成度、技術力の高さに加えて、他になかなか見ない独自の空気。
 もういっそナンバーワンにしてオンリーワンの世界と言っちゃっていいかも。

そしてこの表情である(ガチな意味で)

 この作品、6分半あるのでステージPVとしては長い方になる。
 けど、多分圧倒され続けてすぐ過ぎるだろう。いやマジで。

 そして、何よりも。
 サクラ大戦を知らなくても、それが凄い作品だった事がこのMADから伺えるのが凄いと思う。
題名:アイドルマスター2 MAD-PV 「future nova」
作者:keykeip
特徴:im@sオールスター school food punishment



 そもそもアイマス2はまだゲームが出てないから七夕コマンドもブルーバックも無い。
 けど、静止画のみとは言えあっさり抜いてくるからニコマスPは怖い。

貴音が凛々しい

 その結果、同じ表情のはずなのに元シーンのイメージとは二味ほど違う雰囲気に。
 明るく元気なイメージだった元PVに対し、この作品にはシックで大人っぽい空気がある。
 いかにもkeykeiPという感じの作品だけど・・・もう何度も書いた気がするがもう一度書かざるを得ない、アイマス2の素材は公式PV1本だけのはずなんだがっ!?

 この作品は、少ない素材から見事に「この作品のための映像」を作ってある。
 同じ素材から作られたアイマス2のMADはもう何本も見ている管理人だが、それでもダンスシーンに新鮮さを感じる作品というのは確かにあって、これはその一つだ。

傍目には普通っぽいが

 例えばこのシーンなどは
(1)色合いが変えてあり、紙吹雪はハイキーに、他は少々ローキーになっている
(2)元PVの真ん中のみ切り出し、貴音と千早を外に出して美希を強調している
(3)背景を見ての通り、カメラを傾けてある。しかもその角度が変化していく
 ・・・などの技術が使われており、こう言うのも何だけど元のPVがほんとに「素材」レベルと化している。
 素人目には見比べないと分からない程度のこだわり。でも、そのこだわりがノーマルステージPVの持つ安定感というかマンネリ感を崩して、MADのパーツとして再構成していく上での鍵になる。
 素材が一つしか無いだけに、その使い方にPの個性が出るようにも思える。案外、見る専よりPの方が、この作品も含めた一連のアイマス2MADから発見する事は多いのかも知れない。

 で、そこまで作り込んだ映像で表現される世界は、もう論より証拠って事で。見とけ。

 ところで、ニコニコ動画はこの度新プレイヤーを導入し16:9表示に対応した。
 従来は16:9解像度の動画の上下に大きな黒帯が表示されていたのだが、新プレイヤーではそれが無い。これ、実は字幕職人・歌詞職人・CA職人にとっては大問題だったりする。
 でもこの作品は、それを乗り越えて字幕が投入されている。
 ま、職人が挑戦したくなる気持ちも分かるよね。

 PV素材が出てきた7/3の夜から、ここに至るまで一週間未満。
 少ない素材がどうの早過ぎがどうのと、もう言うのも疲れた(笑)。
 そういう一切合切を無視しても、なおその完成度の高さにため息が出る作品なのだから、先入観はそこら辺にけっぽっておいて見る方がいいのだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。