リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:【みんな、しわっす!】 秋月律子 『聖書』 【アイドルマスター】
作者:しおP
特徴:律子ソロ 岡村靖幸 H.264



 L4Uで始まり、無印のスタート地点で終わる動画。
 それだけ聞いたら「なんじゃいそれ?」と思うかも知れないが、一通り見ればその理由は納得できると思う。

 使われている歌は、学生をモチーフにした物。
 一方この作品はファン代表Pの立場から世界を描いている。そこに微妙な差はあるものの、本質はほぼ同じなので問題ないだろう。

画質すげー

 面白い事にこの作品、L4Uのプレイ画面をそのまま使っている。
 しかも、そのプレイ画面と音楽がシンクロしてない。ダンスと音楽がバラバラと言うか、ボタン入力のタイミングがずれまくり。

 だが・・・あえて言うが、この作品はそれで正しい。
 表示されているのはダンスステージで、リッチャンハカワイイデスヨなのだが、描かれているのはそういう部分ではないから。
 そのステージを作り上げているファン代表Pが、このシーンの主役である。だからこそ、L4Uのプレイ画面がそのまま出ているのだ。
 そして多分、それが始まり。一介のファン代表だった自分は、そこから・・・

 「しわっす!」の主題は「やらかしてみる」らしいが、確かにこいつはやらかしてくれた(笑)。
 この作品、一筋縄ではいかない。立ち位置がかなりメタ的で、しかも表現が深い。様々な解釈が成り立つので、それぞれに想いを巡らせるのが吉であろう。

 ただし少なくとも、その根底に律子愛が流れていることは確定的に明らか。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。