リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 禁じられた色彩~戦場のメリークリスマス~
作者:柿P
特徴:千早ソロ サラ・ブライトマン H.264



 題名にピンと来なかったら、最初のうちは何の歌かよく分からないかも知れない。
 でも、1分立てば多分誰もが一度は聴いたフレーズが出て来る。
 戦場のメリークリスマスのテーマ。確かにこの時期にふさわしい曲と言えよう。

廃墟、それは神に見捨てられた場所?

 作者コメントのカオスっぷりと全くイメージの違う、しっとりと美しい作品である。
 ・・・ただし。
 雰囲気が微妙に暗い。切ない歌声に乗って舞う千早に重なる聖母像、教会、赤く舞う欠片・・・そこからは、祝福という雰囲気を感じづらい。
 千早もまた、明るい光の下に出る事は無い。むしろその姿は薄暗がりと共にあり、不安定に揺らぎ、そして最後は消えてゆく。

 実はこの歌、歌詞の和訳もかなり重いというか、救いが無い。
 このクリスマスらしからぬ雰囲気は一体何なのか・・・と思ってちょっと調べてみたら。

 そもそも、映画に使われた本来の曲の名は「Merry Christmas Mr.Lawrence」である。
 これには歌詞が無い。で、その旋律に合わせてDavid Sylvianが歌詞を付けたバージョンが、ここで使われている曲・・・原題名「Forbidden Colours」である。
 そして・・・「Forbidden Colours」というのは「同性愛」という意味なのだ。
 すなわち「禁じられた色彩」という邦題も、そういう事なのである。
 原作映画にも、婉曲的ながら同性愛が描写されているそうな。「愛」の無い展開もあるようだが。

 それでやっと、管理人はこの作品がこういう作風になっている事に納得した。
 確かにキリストの神には祝福されづらかろう。
 とは言え、管理人は「戦メリ」を見ていない。それ故の誤解がありそうな気もして、その辺がちょっと悔しかったりする。

 もしかしたら、作者コメの中でPを放り出して雪歩の誕生会に行った千早も、一見ギャグだがその心中に去来する物は意外に深かったりするのかも?
この記事へのコメント
三島由紀夫の『禁色』の英訳だそうです。
http://jp.youtube.com/watch?v=nflu3gL-rvo
2008/12/26(金) 23:45 | URL | JB's #Tbz21K9Q[ 編集]
うーむ、原曲のさらに原典が日本とは。
名作映画と名高いだけあって色々と突っ込んであるみたいですね。
情報どうもです。
2008/12/27(土) 09:35 | URL | 管理人 #ftr86F3A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。