リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター シャングリラステージ!!オールスター 電気グルーヴ
作者:カブキンP
特徴:全員 First Stage 原曲アレンジ




 作者コメとサムネで微妙に損してるだろこれ(笑)
 いや、だって本編は完璧にガチなんだから。
 確かに妹さんの絵はマジウマで、意味のよく分からないタグも最後まで見れば理由が分かるのだが、本編の破壊力はそれを上回ると言わざるを得ない。

 と言うわけで、全員出てくるFirst Stage電気グルーヴアレンジである。
 全員? そう全員。歌と映像を繋ぎ合わせて、全員で歌っている。

映像はシンプルにしてシック

 ステージダンスをメインとした作り。ゆったりとしたペースの曲にゆったりとした踊りを合わせ、施されたエコー効果とわずかにソフトフォーカスのかかった画面が幻想的な雰囲気を作り出している。
 加えてキャラチェンジ、カラーチェンジ、スロー、ストップモーション、アップと引きのコンビネーション、二重化など、様々な映像効果を組み合わせており、しかもそれらがうるさくない。
 そして、曲の最後に入ってくる電気グルーヴの声。この声とこの映像のコンボは反則だ

 結果、ここにあるのは珠玉の765プロPVとでも言うべき作品。いやはや、アイドルたちの可愛いこと格好いいこと!
 最近は秋葉原でニコニコ動画の映像を流す店が多いようだが、権利的にどうなのかってのはとりあえず置いといてこれ流せばアイマスと電気グルーヴの売り上げが両方とも伸びると思う。

 ちなみにこの作品、マッシュアップされた2曲の宣伝が入っている。
 確かにその2曲は本編に使われている曲のアレンジ元だと分かるのだが、同時にまるで違う曲になっている事も分かる。カブキンPには自分自身を宣伝するつもりは無かっただろうが、結果的に原曲をよく知らない人にもアレンジャーの実力を知らしめる効果をもたらしているのは意外な効能と言うべきか。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。