リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター あずささん 「さよならの向う側」
作者:さっちもP
特徴:あずさソロ 山口百恵 クラブあずさ




 この作品、「桃月Pに感謝シリーズ」として作られた物だが、桃月PはMAD職人まで引退する訳じゃないので、管理人としてはむしろありすえP向けに思える。
 まあ、その辺はともかくとして・・・。

 やっぱ山口百恵は伝説になるだけあるんだな、というのが正直な感想。
 まだ生まれてない人も多いと思われる1970年代の歌手なので、「おっさんホイホイ」にすら容易には出てこない名前だが、聞く人の魂に直球ど真ん中の歌声には古さを全く感じない。年代を超越した何かが、確かにある。

 歌詞は非常にシンプルで、伴奏にも華美な装飾は無い。
 本当に歌の力だけで聴衆を魅了し、涙させた・・・そんな時代を駆け抜けた希代の歌手が、引退の花道として残した歌を、さっちもPはあずさに合わせてきた。

涙は見せない

 ・・・なんかダメだ。技術がどうの演出がどうのと言う気になれない。
 魂のこもった歌と、それに見事に調和したあずさの表情、あずさの動きが全てだ

 管理人は「おっさんホイホイ」や「クラブあずさ」によく引っかかるが、この作品はそういう枠組みに留まらない普遍性を備えていると思う。

 しかしながら、しんみり終わらせるのも過去を美化し過ぎるのも何なので少々追記すると、山口百恵は14歳の時点でかなりエロイ歌を歌い、そこからスター街道を走り始めたという経歴を持つ。美希、負けてられないぞ(笑)
この記事へのコメント
おっさんホイホイされてコメントさせていただきます。
昔の歌謡曲は今じゃ考えられない程にストレートな歌詞が多いのですけど、デビューの頃の山口百恵はその年齢と相まってすさまじい破壊力がありますよねw

で、アイマスコラボでは「青い果実」はありました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm719706

あと「ひと夏の経験」とかは美希でだれか作って星井。
http://www.youtube.com/watch?v=GGb4b6bcn3M

では、失礼しました
2007/12/31(月) 13:26 | URL | #-[ 編集]
どもども紹介ありがとうございます。

にしても昔はすごかった。エロゲソングならともかく、こんなの紅白で堂々と歌ってたんですからねえ・・・
百恵だからまだいいけど、これを美希声あたりで歌われた日にはどうなる事やらw
2008/01/03(木) 11:54 | URL | 管理人 #ftr86F3A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。