リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:ProjectRitsukopen
作者:けーわんP
特徴:律子 痛車 アイマス技術部 アイマス教養講座 H.264









 けーわんP・・・こんな特技を持っていたとは!

 いや~、ニコマスで痛車といったら大抵Forza2の中の話じゃない?
 あれもあれで、単純な図形の組み合わせて平然と絵を描くという凄まじいテクニックを見せるのだが、基本的に大した犠牲や覚悟を伴う行為ではない。
 だが・・・

本気すぎる

 リアルでここまでやるとなると話は別だ!
 この車はダイハツのコペン。スタイリッシュな2シーターにしてスポーツ風オープンカーという、実用一辺倒な車だらけの軽自動車界にあってキラリと光る個性派である。
 で、これを律子の痛車にするからリツコペン。シンプルですなあ(笑)。

 実は第1話を見れば分かるが、既にこのコペンは他のキャラの痛車にされていた。
 そのステッカーを全部はがして律子スペシャルに作り替え。何という覚悟!
 そういう経緯があるから、車側の下準備とかステッカーの配置検討とか貼り込みなどといった痛車の作り方も手慣れた物。丸いボディにでかいステッカーを当たり前のように貼っているのが凄い。
 そういう熟練の技も含め、純粋に痛車の作り方講座としても通用する作品だったりする。
 アイマス技術部タグに加えてアイマス教養講座タグが付くのもむべなるかな。

 そりゃ傍目にはアホな真似だろう。
 けど、アホに徹する事がどれだけ大変かが、このシリーズを見るとよく分かる。そして、そこに注ぎ込まれた情熱の大きさは痛さを通り越した何かを確かに感じさせるのであった。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。