リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター サクラ大戦 「劇場版・奇跡の鐘」feat. 星井美希
作者:ぴっかりP
特徴:美希メイン iM@sオールスター アイマス歌劇団 H.264



 サクラ大戦の帝国歌劇団を使った作品は、ぴっかりPの定番。
 歌のクオリティ、歌い手のクオリティ共に異様なまでにこだわったゲームから音源を引っ張ってきているだけあり、アイマスMADにおけるこだわりも相当な水準である。
 さて、この作品において実は美希の登場シーンは非常に短い。ほとんどのパートで、別のアイドルが歌っている。のだが、これはどう見ても美希メインだ。
 何故かって? 見れば分かる。見ないと分からん。
 突き放した言い方になってしまうが、作品全体が「美希のため」のステージである事は、全編通して見なければ理解しがたいと思う。

職人GJ

 この作品、アイドル達が違和感なく次々に切り替わるのが演出的に面白い。一人一人が歌い、一人一人が祝福する展開。
 7分は冗長でも何でもない。全員が歌うために必要だから確保された長さだ。

 そして、そうやって盛り上げていった先に、主役が舞台に舞い降りる
 そのシーンは、あえて載せない。ちゃんと最初から作品を見た上でそこへ到達して欲しい。
 盛り上がり方が半端じゃないから。

 なお、この作品は美希の誕生祭動画であると同時に・・・961プロへ旅立つ美希へ、みんなが贈るステージでもある。
 あえて本記事のタイトルは「カーテンコール」とした。これも見ていただければ分かるかと。
 祝福であると同時に、一抹の寂しさ。そして、それを乗り越えて贈るエール。
 素晴らしい歌に素晴らしい映像が組み合わされたこれは、掛け値無しに名作と言えよう。

 長いからってスルーする奴は、ボコボコにしてねこじゃらしでぐるぐる巻きにし(以下略
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。