リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こ、今度は悩んだだけで投票しないオチは避けたい・・・!
 という事で早めにエントリだけ作っておく事にした。各作品へのコメントは後ほど。
 って、今回は全作品バトルワイアル式の敗者復活戦もあるのか。また悩み所だな。







 10秒予選で管理人が選んだ14作の内、セミファイナルまで残っているのは7作。
 打率5割は高いか低いか。高いとしたら、それはそれで没個性な感性という感じで一概に喜べない気もするが(笑)。

(以下、各作品への一言コメント。投票作は赤悩んだのは青で表記)

SF-A-1 mmtsgzkwys氏作品を第1世代、ulaP作品を第2世代と解釈する管理人には、
    これは2.5世代という所か。技術の変転を垣間見る面もあって面白い。
SF-A-2 なんか一瞬気になる絵があったぞ? これはもう一化けするんだろうか。
    とガチは色々と開拓の余地があるだけに気になる。

SF-A-3 オールスターでガチダンスかな。暗いステージと怪しげな曲のコラボも強力。
    最後の静止シーンの先に何があるか、という微妙な引きも憎い。

SF-A-4 なんか変な文字が(笑)。しかしそれは多分一発ネタだろう。この先に驚きは
    恐らく無い、のに先が見たくなる驚異の純白っぷり。
SF-A-5 DDR直球! と思ったらまな板あ!? ネタかっ、ネタなのかっ! あ、でも
    平気な顔してガチに戻りやがった。何なんだ一体(笑)。
SF-A-6 10秒の時点で既にインパクトが強かったが、再生時間を延ばすほどに深淵が
    深まってくるな、これ。
SF-A-7 だからその二人に頼るなよ(笑)。ピヨちゃんも自重したまい。メチャ軽い
    ノリが、本戦まで来るとむしろ貴重なのが何とも。

SF-B-1 技術の凄まじさは十分以上に伝わる。恐らく尺の都合で、新たな見せ場が
    特に無かったのが惜しい。この先にまだ何かある、という期待値で勝負?
SF-B-2 うわあ春香の本気来たあああ! これもまた、この先特に何も無いだろうと
    思っても続きを見たくて仕方ない。春香のPは恐ろしい。

SF-B-3 ピンクラフタイムは強力。ここまで来ると正統派ダンスシンクロという事は
    ほぼ判明、あとは作品自体の魅力勝負あるのみか。
SF-B-4 何度見ても、このデッサンが似すぎててニヤニヤせざるを得ない。あとは、
    この先で「動く」かどうかが問題?
SF-B-5 もんげもんげ! りーっぢれいすぁああー! これもシンクロ徹底型だね。
    ここからって所でうまく切るのが狡猾すぎる(笑)。
SF-B-6 まっくら森とメカ千早で何となく予感はあったが、やはりガチだったようだ。
    ネタをも取り込むパワーを見せてくれるか?

SF-B-7 だから暴れん坊将軍で切るな(笑)。さすがに次は後ろに伸ばすだろうが、
    それで10秒時からネタ追加が特に無いという不利を跳ね返せるか。

SF-C-1 自作3D背景を使った空気感は独特。その雰囲気と、恐らく秘められている
    であろうストーリー性への期待をどこまで集められるか。
SF-C-2 ガチダンスにあかんべぇというネタガチ同居がなかなか。更にここに来て
    5人ステージというカードを切ってきたか!
SF-C-3 この空気は怖い。ただ、単なる闇や狂気とは違うっぽい? 最後の一言が
    気になって仕方ない。MSCでは珍しい、完全なストーリー型MADか。

SF-C-4 千早とダンスだ! という所か。ダンスメインでありながら少しずつ背景の
    物語が見えてくる。最後は5人ステージかなこれ。
SF-C-5 社長メインですっ飛ばしたこの作品も、30秒になるとオールスターである
    事が見えてきた。ってか、なんか超楽しそうな予感!

SF-C-6 ロリトリオメインで、これもオールスターか! これも楽しい系なのか!
    なんで隣同士でぶつかり合うかなあ。
SF-C-7 10秒では一瞬しか見えなかった世界が、もはや明白。直球の闇春香は最近は
    意外と珍しい。それだけに、久々に引き込まれる感覚。

SF-D-1 問答無用の疾走感、めまぐるしく入れ替わるアイドル達の高速シンクロ。
    その勢いだけで押し切る力がある。
SF-D-2 律子もそうだが背後のメカ雪歩が気になる。って他のメカも来た! これは
    一体どういう展開になるのか読めなくなったぞ。

SF-D-3 このシンプルな構成でここまで生き残る、それ自体が驚異的。選曲とシンクロ
    という基本の持つ力を改めて思い知らせてくれる。
SF-D-4 ほのぼの系オールスター。しかし、ほのぼのの背後を支える技術は超水準。
    楽しげな雰囲気でどこまで視聴者を引き込むか。
SF-D-5 結婚相談所(笑)。ネタと同時にガチダンスも仕込んでくるあたり侮れぬ。
    と言うか結婚相談所でセットメニュー付けるなよ!
SF-D-6 単なるダンスPV作品では無いだろうが、その真価は未だ明白に見えずか?
    雪歩ソロで寒々しい透明感、彼女らしさはある。カギは期待値か。
SF-D-7 単なる紳士系では無かった模様? いや確かにエロいけど、それに留まらぬ
    本気を感じる。さながら裸婦が芸術であるようにっ。


敗者復活 改めて印象深かった作品を脳裏に浮かべてみると、実は投票しなかった作品が
    出て来る。その時投票した物は、ぶっちゃけもういい(笑)というのもあるが・・・
    見た瞬間のインパクトと、後で思い返した時のインパクトは、やはり違うのか。
遅刻-6 LoK-5(F-10) UNI-3(B-9)
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。