リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:袴に歓喜の千早さんが敦盛を(ry
作者:くろむP
特徴:千早ソロ 和ふぅ 袴




 ハカマグラデュエーションの登場を知った瞬間からこれを期待していた人は、絶対に管理人だけでは無いと思う。

 以前びわほうちを取り上げたが、この時に「次は敦盛で頼む!」というコメントがあった。
 実はその時千早版敦盛は既に存在していたのだが、その時の服装は当然ながら袴では無かった。今回目出度く同じ作者の手によって、袴バージョンと従来バージョンの揃い踏みが実現した次第である。

いと凛々しき様なり

 見事なまでに和風
 さり気なく色合いを調整してあるため、千早が舞っている所は雪原のようでもあり、夜桜の中のようでもある。その雰囲気もまた一つのポイント。

 これはもう、和服が来る前から敦盛に目を付けていたくろむPの、着想の勝利と言わざるを得ないだろう。
 しかし「胸が無いから和服が似合う」コメは自重しろ(笑)。否定はできんけどさ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。