リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター×東方アレンジ あずさ Phantasm Brigade 似非PV
作者:TiltP
特徴:あずさメイン 千早 やよい ネクロファンタジア 東方シリーズ H.264



 はてさて、東方シリーズのボーカルアレンジ曲とアイマスMADの相性は如何に?
 という事で東方m@sterタグを探ってみたら、あらまあ出るわ出るわ。東方キャラが入ってれば付くケースがあるのでかなり数が多い。
 しかしボーカルアレンジベースのガチ作となると、あのBad Apple!!が激しく有名な他は意外に目立たない。元がシューティングゲームのBGMで、それ単体で評価が高い所に二次創作で歌詞を付けて歌う、という部分に難しさがあるのかも知れない。

 この作品は東方シリーズの一作「東方妖々夢」のエクストラステージボス、八雲紫(ゆかり)の戦闘BGM「ネクロファンタジア」に歌詞を付けた曲に対し、あずさを合わせている。
 イメージカラーが紫である上に年増、という点が必要以上にマッチしており(笑)、ガチ方向で作品が作ってあるはずなのにどうにもニヤニヤしてしまうのは管理人だけでは無い模様。

おお、この光芒は!

 ぶっちゃけ、これが紫の弾幕を模した演出なのに気づけるか否かで、この作品に対する評価は大きく変わると思う。
 「シンクロと演出のバランスが取れた良作」で止まるか、「東方世界をハイレベルで再現した良作」が加わるかという意味で。
 お供に千早とやよいが選ばれた理由、あずさが変な割れ目の中に入ったり出たりする意味、そして夜に咲く巨大な桜、全て東方シリーズを知っていてこそ。
 加えて言えば、コメントで乱れ飛ぶ「加齢臭」「少女臭」「藍しゃま」あたりも、原作に詳しくないと恐らく分からんわなあ。

 シンクロと演出の乱舞に、十分な見応えがあるのは間違いない。しかしそれ以上の意味を知るには妖々夢を知っておく・・・最低でもリプレイ画面ぐらいは見ておく必要があるため、その点では少々敷居が高かろう。
 管理人は見ているので、その再現性や演出の忠実さ、ついでに言えば千早の配役の無理矢理さ(笑)にも思わず感じ入ってしまうのであった。上記シーンの元となった弾幕は、初めて見た時に鳥肌立った程に格好いいんだよな~。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。