リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 伊織×オヤスミサラウンド
作者:しちやんP
特徴:伊織メイン 千早 春香 Voc@loidM@ster 初音ミク 機材欲しいP H.264



 この作品、いきなりぶっちゃけると単体では歌詞がまず聞き取れない
 ボーカロイドの声質は元々個性が強めだが、それにしてもこの歌は元曲の本家に行っても、320kbpsのMP3をダウンロードしても・・・つまり高音質で聴いても、やはり歌詞がなかなか聞き取れない。こればっかりは歌詞の記述を参照せざるを得ない。
 が・・・それを是とさせてしまうアンビエント極まる曲の雰囲気が凄すぎる。まさにオヤスミサラウンドと言うか、ある意味声質をうまく生かしたと言うか、むしろはっきり聞き取れないのが正解に思える。
 ヘッドホンで聴くとかなりトリップできまっせ。

 そしてこの作品は、幻想的な夜のイメージを淡い光と深い闇のコンビネーションで描いてきた。

理屈無しに理解できる

 伊織をメインにしたのは、曲の雰囲気的に多分正解。
 全体的に暗い世界なのに、いわゆる「闇」の雰囲気が皆無である。その暗さは安らぎと夢幻に通じており、夜は安息の時間であるという事を思い出させてくれる。
 よく見ると抜きステージなんだけど、そういう事を細かくチェックしようという気にならない。
 そこは宇宙のようでもあり、海の底のようでもあり・・・いずれにしても日の光は存在しないのだけど、それがちっとも怖くない。むしろ、だからこそ安らげる。そういう世界だ。

 夜に輝く夢の万華鏡のようなこの作品。実は、この作品に使われた曲を作った機材欲しいPは、この10月で引退を表明しているそうな。けれど・・・

ミテマスヨーミテマスヨー

 来てるし(笑)
 元はVoc@loidM@ster祭向けに制作していたそうだが、発表が遅れたとは言え完成させてくれた事は、非常に嬉しい&有り難い。見れてよかったと思う。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。