リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 『隣に…』 “Piano Anthem” ver.
作者:Die棟梁P
特徴:あずさソロ ピアノ伴奏(自作)




 三浦あずさの「隣に・・・」は、如月千早の「蒼い鳥」と並んでガチ歌唱力の象徴とも言うべき歌である(と管理人は思う)。
 キャラ本来の設定を無視した圧倒的実力をもってあずさが熱唱するその歌に、Die棟梁Pは自力でピアノ伴奏を付けてきた。音楽を得意とするP達の例に漏れず、これまたどこの公式だと言いたくなる出来である。
 加えて、その映像処理にもセンスを感じる。

その色合い、その構図、その動き・・・

 最初のサビ部分まであずさの目を画面内に入れなかったり、実風景の静止画や動画をいいタイミングでカットインさせたりと、さり気なく様々な部分で凝っている。
 しかしその一方で、アイマスMADとしては少々異端と思えるほどにあずさが踊らない。とことん歌の勝負である事を示すかのように、その動きは最低限、かつ静かで緩やかだ。それがまた、歌の雰囲気とピアノの雰囲気に良く合っている。
 ちなみに、ゴスペル風にするために原曲よりも少しテンポを落としてあるとの事。

 ま、理屈はいらない。途中でちょっと笑うかも知れないけど、感動は保証しよう。

 かつてアルコールまみれの脳で驚異のネタを披露したDie棟梁Pだが、やはりネタが冴える人はガチもそれ以上に冴えるものなんだなあ。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。