リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近、株式会社ジャパン・ライツ・クリアランス(略称はJRC。混同される日本無線の心中やいかにw)による権利者削除が多発しているらしい。
 一体どこの馬の骨だ・・・と思ったら、実は馬の骨どころかれっきとした著作権管理団体であった。つまりはJASRACのライバルだ。最近になってJASRACの独占状態に風穴が空きつつある、その一つの形というわけ。

 あーそこのキミ、JASRACとか管理団体とかいうだけで即座に戦闘態勢に入らんように。
 気持ちは分かるが。

 さて、現状JASRAC管理曲に対する削除申請はJASRACではなくキングレコード等の各企業が行っているが、JRCの管理曲はJRCが行っている。
 実を言うとシステム的にはJRCの方が正しいと管理人は思っている。だって彼らは著作権管理団体、管理するのが役目なら無断使用に目を光らせるのも彼らの役目だ。
 むしろJASRACが為すべき義務を放棄していると言うべき。管理するアーチストが多すぎて、一方で社員は少なすぎるとでも言い訳するんだろうが、金払って管理を委託しているはずなのに自分で削除申請せねばならないアーチスト側にしてみればたまったもんじゃ無かろう。

 ただしその副作用として、JRCの削除がアーチストの意志による物なのか、JRCの一方的な判断なのかという点が見えづらくなっているのは事実だ。
 ・・・もっともアーチストが望む形で著作権を管理するのが管理業者の仕事である以上、最終的にはアーチスト自身の意志が反映される形になるはず。
 それをJRCが実現しているかは分からない。だが少なくともその方向に行かねばならないのは間違いないし、JASRACが独占企業なのをいい事に手抜き管理しまくりの超ドンブリ勘定を押しつけていた時代からすれば大いに希望が持てる。

 落ち着くべき姿に落ち着かせるためにも「JRCによる削除」=「権利者たるアーチスト自身の意志」と解釈しておいていいと思う。
 と言うか本来、それ以外の人間が削除させてはいけないはずなのだ。たかが管理会社の癖してその大原則を固めきらず、自分の私腹を肥やすためと思われても仕方ないような真似をヤラカシタからJASRACは多数の敵を作り、削除申請という行為自体に無駄な悪印象を持たせるに至った。
 だいたい「会社が削除したからって歌手を嫌いにならないで」という言葉が出るのは、冷静に考えるとおかしいはずだよね。

 JRCにはその轍を踏んで欲しくない。だからこそ、申請者がJRCの場合、削除を望んだのはアーチスト自身であると考えたい。JASRACには期待せん(笑)。

 権利者自身がリスクとリターンを判断し、自分の作品をどこまで開放するかを自分で決める体制。そして、その判断をしっかり反映させる管理組織。
 それがちゃんと出来れば、MADにも「文化」と「侵害」の間に明確なラインが引かれ、「文化」の部分がアンダーグラウンドの世界から飛び出せるだろう。システム的にはそれが望ましいと管理人は思う。
 もっとも、意図的にルール上の曖昧さを残して運用で自分側の権益を拡大しようという輩の存在は(主に権力者サイドに)いつの時代も尽きることは無いが・・・。

 え? 権利関係が複雑怪奇に入り乱れた作品はどうするのかって? そりゃ作る側が解決すべき問題だってばさ(笑)

(10/13追記)

 書き忘れていたが、JASRACではなくキングレコードやエイベックスなどのレーベルが削除した場合はどう考えるべきか?

 裏事情的な事は、我々も朧気ながら分かる。恐らく、アーチスト自身の信念より会社の都合が優先されている。契約時にこんな事象まで想定して文書化していなかったと思うし、それ以前にアーチストの意見如きが重視されるとは思えない
 内心忸怩たる物があっても会社の方針に従わざるを得ない・・・

 なんて都合のいい逃避を許しちゃいけない

 絶対、会社の名で削除させて被害者面しつつ内心ほくそ笑んでる奴がいる。
 確かニコニコが削除者を明記する方針を打ち出した時に「削除要求者名が明記されるようになったら困る」とブログで正々堂々としゃべってた権利者がいたはずだよね? 自分の判断が起こす影響を自分で受け止めるのを拒否する、これこそ姑息という物だ

 自分がリスクとリターンを判断し、自分の作品をどこまで開放するかを自分で決める体制・・・というのは、権利者がしかるべき自由と責任を持つ体制である。
 JASRACやレーベルメーカの横暴を甘んじて受け容れる。それもまた権利者自身の選択であり、彼らの権利を行使した結果でしか無いはずなのだ。
 故に、それがもたらした結果・・・つまりは反感・・・を受け容れる義務は彼ら自身にもある。

 理想論? 確かにその通り。
 だが権利者側がそれを自分たちに都合いい形で無視しようとするのは許されまい。

 なお念には念を入れて書いておくが、管理人は権利者に対し
「視聴者に嫌われないように法律を無視して媚びを売れ」
 などと言う気は毛頭無い。
「視聴者に好かれようと嫌われようと、その結果から逃げるな」
 と言いたいだけ。嫌われる決断をあえてする事を否定しようとは思わないし、そうしなければ無法状態が続いてしまう事も事実だ。どっち向きかはともかく、変えたいなら変えればいい。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。