リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:演歌の花道(出演:萩原雪歩)
作者:tlop
特徴:雪歩ソロ 津軽海峡冬景色 MasterArtistシリーズ クラブあずさ




 雪歩誕生日祭り動画の中には何本かフライング投稿された物があるが、一ヶ月もフライングするのは結構いい度胸だと思う(笑)。
 しかも選んだ曲が、MAシリーズの中にある曲とはいえ演歌からの選曲。なんかもう、色々と掟破りの作品と言えよう。

 このMAD、音源がMAシリーズなので歌ってるのは本人なのだが、いわゆる演歌らしさを演出するようなこぶしは全くと言っていい程効いてない。
 しかし、管理人はこの歌が気に入った。
 管理人は、演歌にこぶしが絶対必須だとは思ってないし、そもそも演歌を演歌として歌わなきゃならないとも思ってない。アディエマスの歌がそうであるように、揺らぎの無いシンプルなトーンには独特の魅力があるし、歌の歌い方は人それぞれだからだ。
 無理をするより、等身大のベストを尽くす方がいいに決まってる。

演出は渋いのだった

 実際、若い娘が頑張ってます的な歌声はいかにも雪歩っぽくて似合ってるし、こぶしを効かせたらここまで澄んだ響きにはなるまい。

 演出面でも何十年前の記録映像を引っ張り出してきたのか、情緒溢れる青函連絡船の白黒動画が入ってきたりする。オープニングで強烈なツカミを入れてくるし、カモメは飛ぶし波は砕けるし雪は降るしで、力の入れ具合は本物だ。

 ぶっちゃけ問題点は、見る側がどこまで演歌の固定概念に縛られているか、に尽きると思う。
 一般的な演歌スタイルしか受け容れられない、津軽海峡冬景色は演歌しか認めないって人には、この作品はお薦めできない。
 ま、大半の人は問題なくこの作品を楽しめると思うけど。
この記事へのコメント
動画紹介のコメントが興味深く、毎日巡回させていただいています。よもや自分の動画が雪歩生誕祭の一本として紹介されるとは思いもよりませんでした。うれしい反面、もっと他のPの面白い作品を紹介して貰った方がいいかなとも思ってますw 紹介文大変と思いますが、これからも期待しています。
2007/12/25(火) 00:51 | URL | tloP #-[ 編集]
ようこそようこ。
ご謙遜なさってますが、これも十分面白いですよ。ティンと来たからには仕方ない(笑)。

寝ろとも寝るなとも言われない程度には頑張ろうと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。
2007/12/25(火) 19:40 | URL | 管理人キリコ #ftr86F3A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。