リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 「嘘ツキ鏡」 雪歩
作者:096%P
特徴:雪歩 ぱんださんようちえん 再生ハイパーべるーヴ ループ仕様 処女作




 はい、この作品に影響されて「ぱんださんようちえん」買いにメロンブックスに走った管理人が通りますよ? いやはや、めろん限定で再販されてるとは思わなかった。
 と言うわけで、これは2002年に登場した伝説の同人電波CDから曲を引っ張ってきた作品である。ちなみに作者団体は、今はサイドプロテアという名で活動しているらしい。
 ただし、電波CDの収録作とはいえこれは電波系ではない。むしろ神秘系。

ワタシハアナタ アナタハワタシ

 二種類の私服、表と裏、鏡の中と外。

 2分という時間はそこそこの作品を収めるには十分なはずだが、この作品についてはちょっと短い印象を受けた。つまりはもっと見たいと思わせる作品だったわけだが。
 声の調子や曲のイメージ、作品全体の暗くて神秘的な雰囲気が、雪歩によく似合っている。アナザーカジュアルをこういう演出に使ってくる着想もなかなか。普通のダンスシーンでも服の色が変化する事で、とても思わせぶりになる。さり気ないが、印象深い手法だ。

 少々謎めいた歌と、その雰囲気を生かすシンプルながら趣深い演出で彩られた、なかなかの良作である。
 処女作でいきなりこの選曲というあたりは只者ではない気もする(笑)が、ともあれデビュー作でこれはお見事と思う。ようこそアイマスMADの世界へ~。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。