リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その1:そるP


 相変わらず正々堂々と顔出ししまくる、突き抜けた笑顔がまぶしい男
 今回は「歌ってみた」やエンドロールまで付けた力作を投入してきた。見ているとこっちまで笑顔になってくるのが怖い。
 なにげに切り替えが物凄いカメラワークは、2日で168テイクも撮って重ね合わせたそうで・・・そりゃあ体がここまで鍛えられもするわ。カメラマンもお疲れ。ってか、そこまでやってるからこそキモいだけで終わらない何かがこのPの作品にはあるんだろうなぁ。
 しかしだ。千早より胸があるってコメは自重しる!

その2:ローディP


 ドイツ語はさっぱり分からないが、この三人の三者三様の夢(妄想?)が微笑ましい事は分かるんだぜ。軽快な曲とラフタイムスクールがなかなかに初々しい一品。
 千早メインで作っておきながら、春香を嫁宣言するこのPに乾杯(笑)。
 にしても、この作品で使われてるアーチストはAmazonで検索しても引っかからないのね。ロングテールの象徴みたいなAmazonだけど、それでもなお漏れはあるんだな~。

その3:クルトンP


 開催直前に削除の風が吹き抜けてどうなるかと思ったサンホラコラボ祭りだけど、どうやら今のところは平穏らしい。
 難解かつカオスな曲を使ったこの作品は、そういう曲をあえて選ぶだけあって雰囲気作りへのこだわりが尋常じゃない。徹底した作り込みと、それに応えた歌詞職人の技に対しては、見る側も正面から向き合うべしっ!
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。