リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 亜美・真美 「夏空グラフィティ」
作者:ゆりあP
特徴:亜美真美ペア V4U アイマス公式曲MAD H.264




 V4U公式曲をベースにした正統派ダンスシンクロ型MAD、である。
 しかしこの作品は765コマンドを駆使して亜美真美を切り抜き、二人を砂浜に立たせた。
 正に南の島の夏! という感じで、開放感溢れる雰囲気になっている。

 ぶっちゃけてしまえば、それだけ・・・ではある。
 あるのだが、問題はそれをこなすために投入された技術だ。何も考えずにただMADとして見ると単純に明るく元気なダンスPVなのだが、じゃあこれを他のPが出来るか・・・というと、恐らく大抵のPが冷や汗をかくだろう。
 「それ」に気付いたコメントもちらほらと見受けられるが・・・

超ロング視点抜き!

 つまり、振り回されまくるカメラワークと自作背景の重ね合わせが完璧なのである。
 近づいたり離れたり、見下ろしたり見上げたり、傾いたり直ったり、更には亜美真美を中心に旋回したりするカメラワークに、ちゃんと背景が付いてくる。カメラ位置から見える3次元的な座標系を把握し、それを2次元に投影し、背景をそれに合わせて変形させ・・・といった細かい作業をいちいち完璧にこなさないと、違和感のない背景は作れない。
 だから大抵の作品は、抜きを使うシーンではここまでカメラを振り回さない。パースをきっちり合わせた背景を付けずに、抽象的な画面とする事も多い。

 この作品は、アイドルの足下から無限遠に至るまで、一切の誤魔化し無しで自作背景と自在のカメラワークを両立するという技術をもって、砂浜ステージの開放感を演出した。
 異様な高等技術・・・あるいは、とんでもない手間・・・を投入しながら、出来はそういう苦労を微塵も感じさせないアッケラカンとした雰囲気満載だが、ま、そういう作品という事だ。
 ちなみにゆりあPは、かのiM@TRIX RELOADEDの作者。さもありなんという感じ。

 なお、バカーションとかアホベンチャーという言葉がしばしばコメ等に見受けられるが、ナンノコッチャと思った人は速やかにV4Uを買うように(笑)。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。