リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 律子 「火の鳥」
作者:【アアア】氏 (P名無し?)
特徴:律子メイン 渡辺典子 おっさんホイホイ 神曲 H.264




 管理人はこれまで、アイマスMADを通じていくつもの名曲に出会ってきた。
 Dead Can DanceのSummoning of the Muse、ナイツのテーマDreams Dreams、書上奈朋子のFlower and Ice、∀ガンダムの月の繭、ビョークのAll is Full of Love、FictionJunction YUUKAの暁の車、マキシムのChild in Paradise・・・曲を聴いて鳥肌が立った作品は、少し思い返しただけでもこれぐらいはすぐ見つかる。

 実を言うとこの作品、管理人は作者コメのネタさに釣られたのだが・・・曲に関しては背筋が震えるほどのガチだった。
 なるほど確かにおっさんホイホイだし、色々とネタを突っ込んで来てもいるのだが、総合的に見てやっぱりこれはガチ作品の部類に入るだろう。

最初は笑うが、改めて見ると結構深い

 手塚治虫の未完の大作「火の鳥」シリーズをモチーフにしたこの作品。原作が悠久の歴史を駆け抜ける火の鳥を扱っているため、作中にも歴史を感じさせるシーンが各種アイマスMADからピックアップされている。それが一部ネタっぽいのはご愛敬だが、そう言えば手塚治虫も原作シリーズの中で、源平時代に平然と電話を登場させる等のお茶目をやってたな。
 とにかく、ネタ部分に微妙に吹きつつも、原作との関連性がちゃんとあるのがミソ。そういう意味では原作を知ってる人向けであり、やっぱりおっさんホイホイの面がある。
 アイマスの歴史もいつか、こうやって火の鳥の一部になって行くのだろうかと思ったりして。

 厳しい事を言うと技術面では指摘したい部分もあるのだが、それ以上にこの作品が描こうとしている物と、それに向けてこだわった部分にティン! と来た管理人であった。
 少なくとも、この壮大な曲を軸にして、訴えかけて来る物は間違いなく存在する。
この記事へのコメント
ラストのファミコン版パッケージに吹いたw。

律子さんが鑿を投げてモアイを倒すゲームですね、
わかります。
2008/08/10(日) 21:51 | URL | wingeddeath #-[ 編集]
分からなくていいです(笑)
そーなんですよ、この作品ってば普通に作ればそれだけでガチになるのに、Pの遊び心がそこかしこに~
2008/08/10(日) 23:12 | URL | 管理人 #ftr86F3A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。