リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター あずさ千早真 「We will rock you」
作者:親父の味P
特徴:あずさ 真 千早 iM@S洋楽コラボPV Keiko_Lee H.264




 This is also ACM. 作者コメのこの一言がこの作品の本質を語る。

 そもそも、ガチトリオでWe will rock youといったらekaoPの名作が目の前にある。親父の味Pはその作品にリスペクトを捧げつつ、真正面から勝負に行った
 ただし、選んだのはケイコ・リー版。ここがポイントで、同じ曲でありながら正反対の作風となっている。

ガチトリオの名は伊達じゃない

 原曲はロックだが、この曲及びこの作品はいわゆる「ロック」という言葉から受ける印象が全く当てはまらない。
 むしろ神秘的な美に満ちている。白く輝く衣装に身を包んだ三人が緩やかに舞い、ステージは柔らかな光に満ち、歌は何かに祈りを捧げるかの如く澄み渡る。
 どこまでも静かに、どこまでも深く、どこまでも清冽に。
 この雰囲気はQueen版We will rock youでは絶対に出せまい。
 そして確かに、これはもう一つのACMの姿であろう。切れ味のいいダンスがもたらす格好良さばかりが、彼女たちの持ち味では無いのだ。

 それにしても同じ曲、同じ配役でありながら、アレンジと演出でこうも変わるのか。
 そして、どちらも曲の魅力、ガチトリオの魅力を余すところ無く表現している。このコントラストの鮮やかさは、それだけで感嘆の溜息が出そうだ。
 ekaoP版と親父の味P版、いずれ劣らぬ名作と言っていいだろう。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。