リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 蒼い鳥 (M@STER VERSION) ピアノ独奏
作者:ダンゴムシ (通称:ピアニート公爵)
特徴:ピアノソロ演奏 スタインウェイ ゴッドハンド


(当初はピアニート伯爵と呼ばれていたが、10万再生をもって侯爵となった)
(更に、マイリスト1万オーバーをもって公爵となられた模様)



 いやはや・・・恐れ入ったとしか言いようがない。
 「演奏してみた」系のMADは沢山あるが、教育テレビのクラシック番組と比べても引けを取らないレベルの作品がニコニコオリジナルで出てくるなんて誰が想像するものか。
 そりゃ確かに、最近のニコニコ動画はプロが乗り込んでくる事も増えてきたけどさ。

 で、この作品の見所、というか聞き所はもはや言うまでもあるまい。
 「蒼い鳥」のピアノソロアレンジ、しかもアレンジの技術レベルが異常なら演奏の技術レベルも異常。あんなに激しく弾きながら、映像を見てると指の運びに余裕すら伺えるのが恐ろしい。

 実は結構難しいピアノ生録音をあっさりクリアしているのも密かなポイント(音割れしてないし低音と高音のバランスも崩れてない、残響の雰囲気も良い。何も考えずにマイクを置いたら、なかなかこうは行かない)。
 ついでにシーン切り替えも上手い。曲が途切れてないのに画像は何度も切り替わり、それでも指を運ぶタイミングを狂わせないというのは、基本ではあるが油断禁物の部分だ。

 ここまでやれる作者が職無しというのは、音楽業界の現実が厳しすぎるのだろうか・・・?
 (いっそとらのあなやメロンブックスで同人CD出したらどうでしょ? 絶対売れると思います)


 それはともかく、その腕を持ってニコニコを魅了し、ピアニート公爵という賞賛半分ネタ半分の称号を授かった彼の名演奏に、アイマスMAD職人共が黙っているはずもなかった。
 やはり本家本元の千早声を合わせてくる者が多めだが、この記事書いてる時点で最も完成度が高そうなのがこれ。


題名:ピアノ独奏”蒼い鳥”を千早さんが・・・(音質修正版) アイドルマスター
作者:roP
特徴:千早ソロ ピアニート侯爵




 伯爵のピアノは元曲からかなりアレンジが加わっており、リズムを意図的に遅らせる場所も結構ある。つまり千早声をそのまま持ってきても全然タイミングが合わないのだが、試行錯誤を経てroPはここまでまとめ上げてきた。

 他の作品もピアニート公爵タグから行けるが、時々地雷が混じっているので御注意(笑)。
 それにしても、さすがのニコニコマッシュアップ。これがあるからやめられない。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。