リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター×KAB.「無口な鳥」千早、やよい、亜美
作者:225P
特徴:千早メイン やよい 亜美 微量のコミュネタバレあり H.264




 この歌、本来はこんなメタ的概念をテーマにしたんじゃ無いと思うけど・・・この作品にかかると、見事に「ゲームの中の千早」と「現実世界のP」を表現しているかのように思えてくるから不思議だ。
 この選曲だけで勝ちとすら言えそうだが、この作品は当然それでは終わらず、その選曲を鮮やかな形で生かしている。

届かぬ手、届かぬ温もり

 実写からほぼシームレスにゲーム内画面に繋がる編集、所々に出てくるTV画面風の演出とXBox360のロゴ。意図的に元曲の歌詞を残してKAB.の歌と重ね合わせたり、一見すると唐突な感じだが意味深な服装及びタイミングで亜美とやよいが出てきたり。
 歌詞の一つ一つ、シーンの一つ一つに深い意味があるように感じる
 自分で作詞作曲したわけでも無いのに、何故こんなに映像とハマるのか。

 このようなメタ的なテーマを扱った作品を最近は結構見かけるが、これも既存の名作群に負けない出来だと思う。
 なお・・・

このシーンにぞくっと来た

 ・・・本来なら1作につきSSは1枚にするのだが、↑のシーンに息を呑んだので特別に掲載してしまう。
 技術的には極端に高度という訳ではないが、その色合いと舞い散る羽根、変化のタイミング及び速度、それに歌詞が組み合わさって管理人はKOされた
 偶然なのか必然なのか分からないが、この千早は美しい・・・。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。