リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 伊織 [MADPV] sentaku2 PVMix
作者:MDKP
特徴:伊織ソロ 裏技でない抜き ループ構造 H.264




 七夕革命でステージ映像を抜きやすくなったのは事実だが、この作品に使われているのは自動抜きが通用しない衣装選択シーンである。
 何故わざわざ? ってのは・・・見れば分かる。

まさかここまで魅せられるとは

 これは度肝を抜かれざるを得ない
 抜いてきた作品は多くの場合、抜き映像と背景映像の組み合わせに苦労してカメラの動きが少なめになるが、この作品は正反対に、抜いたのをいい事に遠距離から近距離に至るまで伊織を自在に振り回してきた。おかげで、伊織自身の動きはそんなに多くないのに映像のダイナミズムが尋常じゃない。
 「抜き」を演出のゴールではなくスタートと考えた場合、こういう方向性は確かにアリだ。
 どう見ても労力が地獄だが・・・(苦笑)

 加えて、抜いてないシーンでも飛び交う画面の作り込み、三次元的な空間を感じさせる構成など、とんでもない格好良さである。わずか1分そこそこの映像だが、思わず何度もリピートしたくなる。

 ・・・だが最も凄いのは衣装選択シーンをここまで二次創作した想像力かも知れない。
 そう。よく見るとこれ、ステージのMADじゃなくて衣装選択のMADなんだよね(笑)。
 目の付け所がシャープなんてもんじゃないが、ここまでやられるともう諸手を挙げて降参するしかない。すげーよマジで!!
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。