リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 律子 依存症 PV風
作者:わかむらP
特徴:律子ソロ カクサバ 椎名林檎 ノンフライ H.264




 わかむらPはダンスシンクロ系MADを好む。切り抜きを使っても演出を施しても、アイドルが歌い踊る姿がメインという方針がぶれる事は滅多に無い・・・というのはわかむらリサイクル02や、それ以前の一連の作品群を見ても伺える傾向だ。
 つまりはダンスを引き立てるために様々な演出が使われているのだが・・・この作品は逆にダンスが脇役に見える
 律子を引き立てるために細心の注意が払われているが、静止画の多用と言い、鎖と石壁に囲まれた閉鎖空間やそこに落ちる影の描写と言い、もはや演出過剰系と言ってもいい程の凝りっぷりだろう。

 そう言う意味ではわかむらPらしからぬ作品で、管理人はカクサバでこれを見た時、わかむらPの作品だとは思わなかった。画質はともかく、演出や作風ではもっと近いPが他にいるような気がしたもんで。艶やかマスク=雪歩のイメージが固まりきってたせいもあるけど(笑)

この暗さ、この閉塞感・・・

 もっとも、管理人としてはこういう作風の方がわかむらPには合うと思う。
 理由を説明しようとして2時間ぐらいPCの前で推敲して、誤解を招かずに過不足無く伝える文面が結局思い付かなかったので詳細を書くのはあきらめた(爆死)が、とにかくそう思う。

 ・・・まあ、そういう技術的な話や作風的な話をしたい所もあるのだけど。
 とりあえず浮気者と言われても仕方ないと思うね! ああ思うとも!
 何この律子! やばいなんてもんじゃないって!
 このイベントではプロデュースするキャラを自分で選べないってのは分かっているが、それにしても雪歩を差し置いてこの出来ってのは、もう・・・ねえ?(苦笑)
 とゆーか鎖! ノンフライ! 拘束! 微妙にエロっぽいが、それ以上に冷たいというか孤独というか退廃というかっ!

 結局、冷静に語れない管理人であった。ダメだこりゃ。

 合わされた曲は椎名林檎。律子は、単純な可愛さや美しさからは一歩距離を置いた微妙に変化球な歌や歌手によく合わされるし、それがよく似合う。律子のカラーはこういう方向というのが認知されつつあるかも知れない。
 それにしてもホント、色々な意味で圧倒的だ。マスクマン恐るべし。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。