リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 「BLACK JACK」
作者:薄幸P
特徴:真 雪歩 律子 東京スカパラダイスオーケストラ H.264




 爆笑型音繋ぎMADカオスワールドを展開しまくる薄幸P。
 忙しい人向けシリーズで数々の伝説と名作と迷作を発表しており、その作品集を見ての通りアイマスMADの範疇を飛び越えた活躍ぶりを魅せているPだが・・・音の切り貼りをこうも鮮やかにやってのけるなら、音と映像の合わせ込みだって中途半端を許容するわきゃ無いと考えるのが自然であろう。

 で、最近になって薄幸Pはいわゆる一般的なPV系MADも作るようになった。
 これがその二作目という事だが・・・

普通に鳥肌なんだが・・・

「ネタ好きPがたまにガチに走ると、その破壊力は凄い」
 の法則は、相変わらず健在らしい。

 リズミカルな曲でシンクロがずれてたら台無しもいい所だが、この作品は心配無用どころかむしろその上手さに息を呑むレベル。ばしばしシーンチェンジしてるのにずれる気配が全く無いし、カメラワークも曲のテンションに負けない鮮やかさ。
 それだけでもう十分見れる水準なのに、色合いやフォーカスをいじってくるわ、キャラ抜きを使ってくるわ、右半分が真で左半分が雪歩などという画面分割技を使ってくるわ、という感じにやりたい放題。しかもその一方で、アイドル達が歌うのはアップシーンの一部に限られるという、さり気ないこだわりを見せていたりもする。意図的に編集しなきゃ、3人全員がダンスに徹して口を閉じているシーンはこんなに集まらないはずだ。

 結論。土台となる技術力の高さと細かいこだわりの強さがビシバシと感じられる上に、格好良さを演出するセンスも高い。とんでもねぇ・・・。

 図らずも、普段いかに技術の無駄遣いをしてるかがこの作品で明白になった気がする。これだけのブツを作れるのに、いつもの薄幸Pはアレだからなあ(笑)。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。