リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 律子『ギブス』
作者:おでんP
特徴:律子ソロ 椎名林檎 H.264




 頭がいいとしても、自分を御する能力に長けているとしても、その心の奥底がクールだとは限らない
 そして律子は、あえてこう表現するが、不幸にも頭がいい。内面を隠す事がそれなりに上手であり、その殻が破れる事は滅多にない。
 しかし律子スキーな方々は、その殻が破れた奥にある物を見てきた訳で・・・だからなのか、こういう系統の作品は律子率が妙に高いように思う。
 そして、椎名林檎が律子によく使われるのも、多分同じ理由だろう。率直なくせして、どこか斜に構えようとしている。

嬉しさもあるとは思うんだけどねー

 この作品の雰囲気は、そんな歌の性格によく合っており、いわゆる萌え成分は薄い。椎名林檎も秋月律子も、そういう方面で勝負するキャラでは無い。
 その代わり、ぐちぐち文句を言いながらも離れる気は無いという、ある意味リアルな感情がそこにある。こういう世界は、確かに律子の物だろう。他のアイドルだと、Pとの関係がこうなる可能性はあまり無い。

 歌詞と映像の組み合わせの妙に加え、オーディションシーンを組み込む事でストーリー性を補完し、その結果として律子というキャラを表現する。
 この作品は、一つの作品として綺麗にまとまっている。確かにこりゃ律子っぽい。
 この曲を推したおでんPの友人も、それをこう料理したおでんPも、分かっているなあ。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。