リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 「Believe」
作者:リンP
特徴:雪歩ソロ iM@S_Inst ショパン 雨だれ コミュねたばれあり




 アイマスは基本的にサクセスストーリーである。
 が、仮にバッドエンドに終わったとしても、その過程には何らかの物語が残される。前向きか後ろ向きか、それとも明後日の方向かは知らないが、とにかく歩んだ軌跡と思い出は残る。

 しかし・・・現実は往々にして、歩く事自体が容易ではない
 たとえバッドエンドであっても、最後まで歩けたならまだマシではないのか、と思える程に。

 ここにいるのは、同じ場所に立ち続ける雪歩。
 変わろうとしても、歩もうとしても、その気持ちが実らない。静かなピアノの伴奏に乗って、殻を破ろうともがき続けるその姿が、切なくて胸にくる。
 ストーリーが進まない世界。ただ時間だけが無為に過ぎる焦燥と、空虚さ。
 この手の辛さは、ゲームではまず味わえない類の物だろう。現実と違って、ゲームはとにかく時間と労力をかけさえすれば、どうにか前に進めるのだから。
 実際、何度本気でプレイしてもランクアップできない人なんていないでしょ?

夢に追いつけない、自分

 この作品は辛い。見たくもない現実が垣間見えるから、辛い。ゲームの中でぐらい見ずに済ませたい物が、容赦なく描いてあるから辛い。
 そんな辛い光景ばかりがフラッシュバックして、何度もうちひしがれて、弱音を吐いて。けど、それでも雪歩はあきらめない。

 どんなに足踏みを続けても、それでもなお自分は変われると信じる事。
 それは愚かな事かも知れない。変われなかった自分を受け入れて、その自分に出来る事を探す方が楽かも知れないし、幸せかも知れない。そして多分、多くの人はそっちを選ぶと思う。
 故に、この作品が見せてくれる世界は重い
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。