リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 伊織 iM@S組曲いおりん #01「BURN-フメツノフェイス-」
作者:9:02P
特徴:伊織ソロ B'z




 今となってはかなり昔の話に思えるが、底'zというイベントが昨年10月末に開催された。
 「底辺スレが発祥となって勃発した、B'zを使うアイマスMAD祭」なので底'zである。傍目にはアイマスキャラとの組み合わせが想像しづらいB'zだが、いざやってみたらいい雰囲気の作品が多数出現したという、なかなか面白いイベントであった。
 今でも「底'z」タグから多数の作品が辿れるので、見たこと無い人は巡回をお勧めする。

 で、その祭の中でもB'zサウンドに相性の良さを見せたのが伊織

 その理由は、まぁこの作品を見れば分かると思う。無邪気さだけでは、ひたむきさだけでは、強さだけでは、そして弱さだけでも、この雰囲気にぴったりはまるのは少々難しかろう。
 この作品で使われているB'zの新曲に対しても、相性の良さは健在だ。

結構派手だが、くどさが無い

 エフェクト多用型だがシンクロメイン真っ正面から伊織ソロ、という作品である。テンポに合わせたシーンチェンジと色調チェンジが多用されているが、結構豪快かつ高頻度で切り替わってる割にブツ切れ感が無い。カメラワークも巧みに切り替え、全身ではなくさまざまな一部を映すという技を使ったりしつつ、それもまた作品全体の雰囲気を寸断するような事がない。
 色々やっててもやっぱり主役は伊織である。その辺のセンスには好感が持てる。

 惜しむらくはエンコードに手こずったそうで、画質がちょいと残念になっている部分がある。
 けど、それぐらいしか突っ込み所がない。B'zと伊織を共に生かし、鋭い演出とシンクロで魅せる良作であった。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。