リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 雪歩 praying over -fripSide-
作者:銀次P
特徴:雪歩メイン 時々P




 雪歩といえば可愛い系だが、その特徴を殺さずに格好いい系の属性を追加してくるのが銀次P作品の特徴。fripSideという選曲が雪歩の雰囲気に合っているのもあるが、やはりMADの作り方自体にある種のクールさがあるのが大きい。

 特にこの作品、中盤に40秒以上にも及ぶ間奏が入っているのだが、そこをスピード感溢れる映像構成で一気に駆け抜けるシーンは必見と言っていいかも。
 ちょっとしたストーリー性も感じさせ、更には「今の雪歩」がその過去を乗り越えてきたという雰囲気も感じさせるあたりは、相変わらずの雪歩愛だなぁと思う。

胸を張って、笑顔になれます

 リズムに乗って疾走するMADだが、今まで出ていたシーンが次のシーンで雪歩の胸の内に消えていったり、カットインの方向や残像などにバリエーションを持たせたりと、勢い一辺倒で終わらせる事なく細かいフォローが行われている。演出パターンはずっと似たり寄ったりなのだが、そういう気遣いがあるおかげか最後まで全然飽きない。いやマジで飽きない。これって結構凄いことかも?

 まあ、いずれにしろこのPの雪歩は他と一味違うので、雪歩ファンには過去作品も含めて見てみる事をお勧めする。
 ただし、銀次Pが作品中に出すP役の男は少々ネタっぽいので、それだけは覚悟ね(笑)。
 あと、さり気なくπタッチ自重!
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。