リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:【H.264】エースコンバット6 スペシャルカラー「アイドルマスター千早」
作者:koetaka (P名無し?)
特徴:PROJECT ACES AC6 月下祭




題名:【H.264】エースコンバット6 スペシャルカラー「アイドルマスター雪歩」
作者:koetaka (P名無し?)
特徴:PROJECT ACES AC6 Kosmos, Cosmos




 エースコンバット6にアイマス痛機があるのは今更言うまでもないし、これを素材に使った動画が沢山出ている事も今更言うまでもない。
 けれど、機体そのものを徹底的にプロデュースした作品は珍しいように思う。

 このシリーズ・・・と言ってもまだ2作だが・・・は、格好いいシーンを撮るために危険を顧みず何度も撃墜されながらリプレイを録画し、その成果を当該キャラの代表曲に合わせて映像化した物だ。
 曲の雰囲気に合わせて千早機を夜に飛ばしたり、雪歩機の周囲にパーティクルが飛び交うシーンを入れたりと、細かいフォローもしっかり行われている。

正に月下祭

間一髪の美

 AC6リプレイ動画を見慣れた人なら分かると思うが、ゲーム的に完璧なプレイは見ているとつまらない。何故なら、危険にならなければ至近距離で爆発も起きないし、周囲をミサイルの噴煙が飛び交うことも無い、平和な空になってしまうからだ。
 そういう意味では、この作品は見せ場がとても多い。意図的に撮らねば撮れないようなギリギリのシーンが織り込まれ、もはや壮絶さを通り越して幻想的な雰囲気すら漂わせている。

 と言うわけで、つまりメチャ格好いいから見ろ!! である。
 管理人は元々アイマス痛機にアレルギーが無いが、ここまで美麗に演出されるとアンチ派でも感じる物があるのでは無かろうか。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。