リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター バーバラ・セクサロイド(戸川純) 春香ソロ
作者:DikeP
特徴:戸川純 ヤプーズ




 何故か知らんが戸川純が時ならぬブームっぽい
 このブログが始まる3ヶ月以上前に投稿されていた動画がいきなりランクインしてて、管理人は思わず吹いた。新曲効果とか言われてるが、見も蓋もなく言えば何らかの工作が行われた可能性も否定し切れないと思う。
 が。
 急浮上したのが5/14、そこから一気に増えたコメント群がみんな喝采しまくりなのは、一体全体どういう事か?

 答えはシンプルそのもの。要するにこれは名作だって事だ。
 ええ。妙に古い作品がランクインしてるので、何が起きたのかと見た結果、一気にマイリスト登録するハメになった奴がここにいますよ?
 正直、浮上した理由はもうどうでもよくなってる。これが工作だとしたら、工作GJとでも言ってやろうか?(笑)

時代の先取りとはこのことか

 DikeP+戸川純の組み合わせは、前に「キスを」を取り上げたが、この時はどちらかというと普遍的な存在感に圧倒された。確かに雰囲気が凄かったが、歌手や歌に対して独特な個性を感じた訳では無かった。
 が、こっちの作品は戸川純という歌手のイメージがとにかく強烈。この歌が80年代に出てるって、いくら何でも早すぎだろ!

 そして面白いことに、歌が時代を先取りしてれば演出も時代を先取りしてる
 その多彩さとセンスの鋭さは今見ても古くさくない・・・どころか、最近の動画に紛れ込んでもなお先頭グループに入るクオリティだ。
 吐き捨てるような歌い方、上っ面の倫理観などかなぐり捨てた歌詞。そのとんでもない勢いに、全く負ける事無く明滅する光の中で踊る春香。歌が歌だけにネタ系の衣装が別の意味を持つし、普通の作品では滅多に使われない衣装選択シーンの映像も強烈な印象を視聴者に残す事になる。

 とにかく、最初に見た時のインパクトが超強力
 でありながら、じっくり聞いてみるとじわじわ来る物があり、これもまた強力
 ・・・いや、勢いに溢れた歌と踊りの背後に、「魂のない人形」という空虚がさり気なく、しかし紛れもなく存在しているんだよね、これが。
 いやはや、すごい作品もあった物だ。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。