リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター春香「ばらの花」
作者:OGOP
特徴:春香ソロ くるり 誕生祭(三部作) H.264




 OGOPってば、そのうち春香版whoPに化けるんじゃないか?
 基本的にP同士の比較はしたくない主義なんだけど、今回はこう表現するのが最も分かりやすいのであえて使いました。なお、他にも候補というかライバルが多数いるのは認識しております(笑)

 のっけから他の春香派Pの顔色を失わせる事を書いてしまう管理人だが、実際この作者の作品を見てるとそんな気がする。なにせDLCが無かった時代にパレスへいあんで一万人以上を釣ってるし、DLCが来たら来たで新衣装春香デュオのPBを投入して、今度はこれ。
 ムードの異なる作品を多彩に作り、それぞれがしっかり出来ている点も凄いのだが・・・

一瞬だけ出てくるこの絵

 このPの作品には上手いってだけでは説明しがたい何かがあるように思える。
 本作は特にそうだ。
 自分撮りの実写映像を組み込んで雰囲気を演出しているし、カメラ固定バグで春香をあえてセンターから外すなどの細かいこだわりもある。そういう些細な部分にまでこだわるからには、基本的なシンクロやカメラワークに不安があるはずも無く、ソフトフォーカスやトーン調整を巧みに操った画質面でも不安は無し。
 でも、そういう技術で表現したのは技術では表現できなさそうな世界であるわけで。

 MADは電子データ、0と1の集積体でしか無いはずなのだが、時々魂を感じるから面白いし、ある意味では怖い(笑)。まあつまり、そういう作品だ。
 ・・・色々書いたが、本当は考える必要など無いのかも知れないね。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。