リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:【アイドルマスター】律子/ピンクスパイダー【ボーカロイド】
作者:一発屋P
特徴:律子 鏡音リン ピンクスパイダー(トラボルタP) VOC@LOIDM@STER




 このピンクスパイダーはhideの曲ではなく、ボーカロイド使い・トラボルタPのオリジナル曲なので念のため。
 それにしても、いい曲だなあ・・・というのはとりあえず置いとくとして。

 まさに律子そのもの、という感じの作品だ。彼女は確かに自分の事を「皆と違うヘンテコ」と認識しているし、ニコマス初期におけるいらない子扱いは相当な物があった。
 そんな律子の姿と、歌詞とのシンクロが序盤はかなり重い

こんな時期が確かにあった

 それだけに、曲が進むにつれて変わっていく律子の表情が凄い威力
 アイドルとして成長していく律子と、リンが歌う音楽のストーリーシンクロが非常に高い水準にある。リツコスキーなPだったら撃沈率ほぼ100%なんじゃ無かろうか。
 そしてラストのファン感謝祭では・・・っと、それは自分で見てもらおうか(笑)。

 最初は辛かった物語も、最後は鮮やかに昇華される。
 元気が出る歌に対して、確かな技で律子を主演させた元気が出るMADであった。
 リッチャンハ、ヤッパリカワイイデスヨ。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。