リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 『こんなに近くで…』 Mechanical Chihaya ver.
作者:ekaoP
特徴:メカ千早メイン 春香 あと一人はあえて秘密 Crystal Kay 紙芝居




 多くのコメントが端的に示しているが、この作品は2回見るべきである。
 何故かは、1回目を最後まで見ればおよそ理解できるだろう。管理人は見事に一本取られ、2回目にしてやっと歌や紙芝居の持つ本当の意味に気付いた。

ナゼ スキ ハ ツライ ノデスカ?

 ストーリーについては、深く語るまい。春香が名脇役にして名ネタ役を担っているが、それがほのぼの成分としてうまく機能している・・・という程度には、シリアスな展開である。

 第一回MSCの優勝作品、オクラ山ため蔵Pのメカ千早に対するリスペクトでもあるこの作品。
 そういう意味では直球も直球。紙芝居ならではの表情や仕草の変化がメカ千早の心中をよく表しているし、色を駆使した演出もお見事だ(白黒じゃないかって? いやいや、見れば分かる)。
 ある意味メカ千早だからこそ成立しうるストーリーと相まって、ののワな誰かさんに微妙に笑いつつも胸の奥が熱くなる作品となっている。
 メカ千早ファンでなくても、必見と言うべきであろう。

 ネタキャラとしてニコニコ内で生を受けたメカ千早も、もはや立派な愛されキャラだね・・・。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。