リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター L4U 真が両親に手紙を書いた [PV]
作者:漢気P (作品内記述より)
特徴:真メイン




 この作品はなかなかに奥深い物を秘めている
 使われているのは、夢を追いかけて故郷を飛び出した男が、遠い場所から両親への想いを綴った歌だ。その歌に乗って真が踊る、ストーリーにダンスを合わせたタイプの作品である。
 しかし、そのダンスが少々クセ物で、最初はいかにもダンスレッスンみたいな感じで頑張っている真が、ある瞬間から突然とんでもないスタイルに着替えたりする。
 ぶっちゃけ、この時点で雰囲気台無し! と思う人も多かろう。

正に台無し・・・と思うが?

 ・・・ところが、この作品は紛れもなく上級のガチである。
 こんな格好してるのに? そう、こんな格好してるのに。いや、こんな格好してるからこそ、この作品はガチなのだ

 何のこっちゃ? と思う人は、是非最後まで見て欲しい。途中でやめたら、この作品の真価は全然理解できない。
 歌詞を聴き、真の衣装の変化、白黒とカラーの入り乱れる映像が意味する物を見て欲しい。そして、作者のコメントを見て欲しい。

 作者は恐らく、この真の向こうに作者自身の知人を見ているのだろう。
 どんなに頑張っても夢に届かない、そんな現実は厳然と存在する。それでも馬鹿みたいに夢を追う奴が、世の中には確かに存在するのだ。
 そういう後先考えない大馬鹿野郎の姿が、この作品には描かれている。
 ひたむきに生きる姿は、たとえ格好悪くても胸を打つ。否、その格好悪さが胸を打つ。

 この作品で真が立っているステージは、最後まで小さいままだ。
 まだ挑戦は始まったばかり、最初の一歩を上っただけ。もっと上へ、もっと高い所へ。頑張れと声をかけたくなる、そんな作品であった。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。