リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:まこにゃんダンス完全版
作者:777P
特徴:真メイン 美希 律子 ねこにゃんダンス フルアニメ




 手間をかけるにも限度ってもんがある
 真の誕生日である8月29日には間に合わず、未完成版のみアップされたこの動画。2ヶ月経ってついに完成し、投稿されると同時にアイマス方面のみならずニコニコ動画全域で話題になったのも今となっては懐かしい。
 一ヶ月ちょっと前のことが遠い昔に思えてしまうのも毎日のように名作が乱射されるアイマスMADならではだが、それにしてもこれのインパクトはそうそう薄れる物でも無いだろう。

 時間がかかったとは言え、アマチュア一人にこんなの作られたらプロ涙目だ

ねこーねこー

 他のアニメを原作としつつキャラをアイマスに描き変える、という手法で作られたMADは他にもある。が、ちょっと考えても分かるとおり異様に手間がかかるので数は少ないし、完成した物は大抵が大作になる
 今の所、その系統の作品の中で最も視聴者をかき集めたのがこれであろう。
 説明の言葉など今更必要あるまい。見れば嫌でもその凄さは分かる。

 ところで自作アニメの特徴は、アイマスに詳しくない一般人も凄さがすぐ分かる点にある。
 と言うのは、ゲーム内キャラを踊らせる普通のMADだと「ゲームの中で簡単にできる事を録画してるだけ」と勘違いされることが結構あるのだ。実際にはえらい手間がかかっているのに、完成度が高ければ高いほどそういう誤解を招くという一種のジレンマがアイマスMADには潜んでいる。
 自作アニメだとそのような誤解はまず受けないので、この作品のように外部の人間にも強烈なインパクトを与え、再生数を凄まじく伸ばすことになる。そして恐らく、何パーセントかはそこからアイマスMADの世界にのめり込んでくるだろう。いい事だ。

 それにしても、この作品が週刊アイマスランキングのラストをしめた2007年10月の大作ラッシュは今思ってもとんでもなかった。「この記録を超える作品は当分出ないだろうな」と思うほど再生数とマイリスト登録数を稼ぎまくった動画が、その翌週に呆気なく抜かれる事が2週連続で起きたのだから。

 あれは一体どういう運命の悪戯だったのか。このMADを見ていると、作品自体の出来の良さもさる事ながら、あの頃の異様な熱気にも思いを馳せるのである。
 管理人はそれまでもちらほらと作品を見ていたが、本格的にアイマスMADにハマり始めたのはあの三週間があったためかも知れない。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。