リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 「I Can't Turn You Loose」
作者:駄目人間P
特徴:小鳥メイン(笑) 全員 Blues Brothers 処女作




 今後長く付き合うかも知れないのにそのP名はどうなのよ?(笑)

 ま、まあそれは置いといて。
 これはダンスのノリも重要だが、ナレーション等によって構成される空気のノリも重要な作品。映画「ブルース・ブラザーズ」のオープニング曲を持って来るというあたり、処女作からいきなり飛ばしてるなという感じだが、異色の音楽を使いながらしっかりまとめているから侮れない。

主役はナレーターかも(笑)

 この作品で思わず吹きつつもうまいっ! と思ったのは、他ならぬ小鳥の扱い方。
 なんとナレーター役で出演である。タキシード姿でハイテンションなダンスを繰り広げるアイドル達を背景に、ころころ表情を変えながら見事なナレーションを披露してくれる。
 普通のダンスシンクロ作品だと、この曲のようにナレーションが入っていても、それに配役を付ける事はあまりしない気がする。そう言う意味ではある種エポックメイキングな手法かも知れない。

 ともあれ、曲想にピッタリ合ったタキシードアイドル軍団と、軽妙なナレーションのピヨちゃんの複合技により、この作品は非常に明るいノリとなっている。よく見ると最初のキャラ紹介で2名ほどメンツが足りなかったり、キャラの出番の数に差があったりするのだが、んなこたー些細な話だ、と笑って許せてしまう雰囲気がこの作品にはある。
 いいねえいいねえ楽しいねえ!! と思わず声を出しそうになる管理人であった。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。