リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター Samba De Janeiro
作者:のぽぽんP
特徴:全員 サンバ・デ・アミーゴ 洋楽 H.264 60fps




----------
(この部分、3/22追記)
VP6版もアップされたが・・・作者コメントがあまりにも秀逸すぎる!



笑うべきか泣くべきか。が、まあとりあえず、泣く人がこれで減るのは間違い無いよね・・・

(ここまで3/22追記。以下の記事はアップ時のまま未修整なのでご了承ください)
----------

 そう言えば、この名曲を忘れてたな・・・と、この作品を見て思った。
 題名は覚えて無くても、ほとんどの人はこの曲に聞き覚えがあるだろう。で、のぽぽんPはこの曲を用いて正攻法で作品を上げてきた。
 ノリが良くリズム感が特徴的なこの曲における正攻法、それは当然ながらダンスシンクロ勝負。画面分割やサイバー風エフェクトを入れ込んで来たりもするが、とにかく全編通じて踊りまくり。シーンを変えて衣装を変えてダンスダンス。
 それだけなのに楽しいし、それだけなのに最後まで見てしまう。

一枚絵だと全然面白く無いなあ・・・

 究極的には音楽とダンスのマッチングが命の作品なので、こうやって一枚絵だけ切り出すと全然面白そうに見えないのが、管理人的には歯痒いところだ(笑)。
 まあとにかく、シンプルイズベストというか、最適な調理法というか、上手い具合に歯車が噛み合った作品である。

 ・・・ただしこの作品、H.264で60fpsというローパワーマシン涙目仕様
 万人にはお勧めしづらいというか、そもそもお勧めしようにも見れない人だって多かろう。
 しかしながら、それを使った結果として得られる滑らかで綺麗な映像が、この作品の魅力の一つになっているのも現実なのだ。何しろ構成がシンプルなので、そういう部分の差が作品全体のイメージにかなり影響する。

 マトモに見れない率がかなり高そうな本作品。取り上げるかどうか少々迷ったが、見れる人は是非見るべきと思ったのでこうして記事にした次第。
 逆に、カクカクする人は無理して見る必要は無いと思う。シンクロしないシンクロ動画なんて、ねえ(苦笑)。


 で、念のため管理人のノートPCで確認したら・・・あれ? 60fpsなのに軽い方だ。例によって生け贄はレッツノートY4だが、Opera起動直後にこれを見るとスムーズに再生される。時には30fps作品でもカクる事があるPCなのだが・・・??
 相変わらずH.264の重さは謎が多い。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。