リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター? 「テングサの歌」(谷山浩子)
作者:a-eruP
特徴:やよクリソロ FakeFarへの返答リンク




 なんという掟破りの発想。しかもこれでガチ作品で和み系ってどういう事だ?
 このセンスを見てしまっては取り上げざるを得ない。

 一世を風靡したFakeFar版やよクリを素材として投入したこの作品、背景が実写で、しかもJR岩代駅なのは最後まで歌を聴けば分かるが・・・実写なのに何故か異空間に感じる。
 とにかく、やよクリ当人だけでなく、背景も、よく聞くと曲も、シュールだ。何も考えずに見ていると、可愛い人形が穏やかな曲に乗って踊っているだけだが、少しでも考え出すと途端に何かおかしい(笑)。

あんたテングサだったのか?

 何より、和み系の雰囲気を維持しながらも、歌詞がちょっとヤバすぎる。
 人間じゃなくやよクリが歌ってるのが不思議に似合う・・・と言えば、少しはその雰囲気がご理解いただけるだろうか。
 まあ、なんか異世界的なほのぼのワールドである。

 そんな感じで背後に潜む物はかなり強烈なのだが、歌の雰囲気とやよクリの雰囲気はよく合ってるし、シンクロもいいし、普通に可愛いしで、ガチ動画の資格も十分にある
 人間の身で言うのも何だが、確かに人間のいない地球は気持ちよさそうだしなあ・・・(遠い目)。

 と言うか、作り自体はガチのはずなんだけど、様々な要素がガチである事を否定しに来る。
 ううむ、考えれば考えるほど解釈に困るぞこの作品は。
 いっそ頭を空っぽにして、ありのままを受け容れるべきなのかも知れない。何らかの魅力があるのは間違いないから。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。