リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 量産型は静音機能がついていないようですよ
作者:音速丸P
特徴:千早ソロ? 一応コミュ動画? メカ千早




 千早と言えば欠かせない要素がメカ千早だが、最近はボーカロイド的な声に攻殻ゴーグルでシンクロダンスといったスタイルがメインとなっており、このMADのようなタイプのメカ千早はあまり見かけない。
 まあ、この手のパターンは基本的に一発ネタに近い物があり、バリエーションがある程度揃ってしまうとそれ以上は作りづらいってのも大きいかも知れないが・・・それで終わってしまうのもつまらないので、この際だからと引っ張り出してみた。

 基本的には音いじりの部類に属するMADである。
 ただし、千早の声がメカっぽいだけでなく、種々雑多な駆動音が追加されている。これがやたらめったら手が込んでおり、腕や首ばかりでなくまばたきする音や眉が動く音まで投入されている。その無駄な凝りっぷり、及び絶妙さがこのMADのミソだ。

熱暴走寸前です

 何よりのポイントは、普通の千早だと慌てたり誤魔化したりする部分で、エラー音だの放熱弁のブローアウト音だのが入る事。
 バレバレだよメカちひゃー!!
 その稼働音ゆえに取り乱しているのが露骨に分かるのが、このMADの萌え要素だったりする。いわゆるニヤニヤ動画の部類に入るわけだ。メカなのに。

 真面目っぽく考察すると、恥ずかしさのあまり頭から湯気を噴くような演出がマンガではしばしば行われる。そういう実際にはあり得ないが雰囲気の表現としては適切な演出が、このMADではメカ駆動音で付与されているわけだ。
 それが最初から計算ずくだったか、ノリで稼働音を追加していった結果偶然そういう効果を持つに至ったかは定かではないが・・・いずれにしろ、このメカには萌えても仕方なかろう
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。