リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:THE IDOL M@STER アイドルマスター 月の繭 千早
作者:チェーホフP
特徴:千早ソロ ∀ガンダム 奥井亜紀 神曲 聖地




 以前チェーホフPの別の作品を取り上げた際に、本当ならこれを出すつもりだった(笑)。
 千早誕生祭でもある事だし、ちょうどいい機会なのでここで紹介しよう。

 恐らく、∀ガンダムを知らない人も多いだろう。かく言う管理人も、実はよく知らない。
 しかし、一通りこの作品を見れば、この曲が使われたのがどれ程の名作、名シーンであったかは想像が付く。
 そして、この作品がその原作を見事に昇華させたであろう事も。

 この作品は千早ソロだが、その服装は二種類ある。
 一つはいつもの黒服黒帽子だが・・・どうもこの作品では喪服を連想させられる。そして、もう一つの姿が月光蝶。全てを砂に還す滅亡の超兵器にして、恐らくはそれ以上の存在。
 両者を交互に歌わせる事で、この作品は何かを訴えている。
 それを端的に示すのがコメントだ。

弾幕にも魂が籠もってます

 ↑これだけ見るとネタっぽいし確かにネタも含まれてるけど、コメント群もいちいち熱いのがポイント。本気の想いが弾幕と化しているのがこの作品の特徴の一つであり、それが作品の輝きを更に増している。

 作成時期が時期だけに、派手な演出は無い。
 だが、黒服と月光蝶の切り替えのタイミング、カラーとモノクロの切り替えのタイミング、その切り替えを瞬間的に行うかフェードを挟むかの使い分け、時々ふっと映るアニメシーン・・・といったささやかな技の組み合わせが強力
 これ以上何かを加えたら、二つの服装の意味も、歌詞の持つ意味も薄れてしまっただろう。

 この歌は子守歌にして、鎮魂歌にして、生命の賛歌だ。
 雄大にして荘厳な旋律に乗り、緩やかに千早は舞う。時に人として、時に蝶として。
 繰り返すが、管理人は∀ガンダムをよく知らない。しかし伝わる物は確かにある
 だから、これを名作と呼ぶ事にためらいは無い。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。