リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター L4Uに「Changes」
作者:コロP
特徴:全員 洋楽 David Bowie L4Uフライング




 L4Uがやって来るこの時期だからこそ、という感じの作品が来た。
 アーケード版、Xbox360版、そしてL4Uへと流れゆくアイマスの歴史。それを、それぞれの映像を織り交ぜてデビッド・ボウイの曲と合わせてある。
 この曲を歌ったデビッド・ボウイは、名声を得た希代のロック・ミュージシャンでありながら、ファンを失うリスクをものともせずに従来のスタイルを破壊して新しい音楽を模索し続ける事で有名だ。そんな彼が歌うからこそ、この「Changes」には価値がある。
 そして、この歌はそのままで、L4Uへと活躍の主戦場を移そうとしているプレイヤー達へのエールにもなっている。

全てが変わるなら、せめて能動的に変えてやれ

 この曲を含んだアルバムが発売されたのは1971年。でありながら普遍的な意味を持つ歌詞には全く古さが無く、しんみりしつつも前を向いて歩き出そうとする意志が、過去から未来へと流れて行くアイマス映像とマッチする。「君の嫁だって変わっていくんだぜ」というフレーズに思わず吹いてしまったが、確かにその通りだから仕方ない。
 曲が進むにつれてアーケード版、Xbox360版、L4Uと移り変わっていく映像。踊っているアイドル達は、変わっていく。受け止める者達も、やはり変わっていく。
 変わって行かざるを得ない。それを希望と取るか悲劇と取るかは、その人次第

 さあ、新しい世界に目を向けるんだ。
 老いるなんてあっと言う間だから。

 ・・・それにしても。
 管理人はかつて、「ロック=けたたましい金属音を出して、自己満足な台詞をわめき散らしているだけ」という印象を持っていたのだが、アイマスMAD経由で多くの洋楽に触れるようになってからかなり考えが変わってきた
 なにせ、しんみり来る曲が予想外に多いんだもんなあ。
 この作品、この曲もそうだ。ロック魂ってこういうものだったのか。
この記事へのコメント
敢えてこの記事に初コメント。リンクどうもです。
キリコさん、凄い見られていらっしゃると思います。
書かれる記事も興味深いです。
趣味だから無理しない程度に頑張るのが良いですね(笑)。
多くの管理人がどれ程見ているか分かるのであれですが。
2008/02/25(月) 00:37 | URL | ot02070 #-[ 編集]
おお、初めまして。
うちはタイトルにある通り、独断と偏見とノリと勢いで行きますよ(笑)
何しろ、他の紹介サイトさんの記事を見て、そこに出てない作品をあえて取り上げるか、そこに出ている作品を後追いで取り上げるか、全くその辺を気にせずに自分のインスピレーションだけで取り上げるかすら、その日の気分で変わりますから(爆死)

まあお互い、無理しない程度に頑張りましょう。
2008/02/25(月) 21:11 | URL | 管理人 #ftr86F3A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。