リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター Baba Yetu(Civilization 4)
作者:DikeP
特徴:全員 iM@S聖歌隊 シヴィライゼーション4




 ゲームミュージックには時々神が潜んでいるが、この曲もそれに該当すると言えよう。・・・いや、聖歌って意味じゃなく、神曲って意味なので誤解無きように。

 廃人を量産したらしいCivilization 4というWindows用ゲームから、やたら荘厳かつ神々しい曲を引っ張り出してきたDikeP。その雰囲気を生かすべく、この動画のイントロはいきなり宇宙である。もうこの時点で印象が強烈。
 ダンスシンクロは当然のようにクリアしつつ、「神」を感じさせる数々の演出を祈りの歌詞に綺麗に合わせたこの作品は、一つのテーマに貫かれて美しくも壮大な世界を描き出した。

真摯な祈りはやっぱ美しい

 この作品、雰囲気の演出にかなり気を遣っているのが分かる。
 例えば、ステージは始終スモークがかかっていて雲の上の印象を崩さない。
 3チームに分かれたトリオの衣装は白系・黒系・天使系と三者三様。その対比が鮮やかな一方、どれも清楚さや真摯さを感じさせ、聖歌を歌うに恥じない。
 そして、少々立場が別格なのがあずさである。実は彼女だけは全く歌っていない(ずっと口を閉じている)し、ここぞという時だけソロで現れる。かなり意味深だが、その解釈は各視聴者に任せるとしよう。

 ともあれ、この音楽美とこの映像美に管理人は呆気なく撃沈した。
 こういう雰囲気の作品には、弱いのよね~。

 ちなみに、作品の雰囲気をぶっ壊しかねないほど作者コメントがカオスな件については、その理由が推測できなくもない。けれど、あえて言うまい。外れてたら恥ずかしいし。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。