リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター Earth ~木の上の方舟 律子
作者:んごすP
特徴:律子ソロ PSY・S おっさんホイホイ




 信じられるか? これ、20年前の曲なんだぜ・・・?

 律子にはガチダンス系の名作が多い気がするが、この作品も雰囲気が素晴らしい。
 世界の光景が写り込むという演出があるが、基本的には律子のダンスそれ自体がメイン。歌声が律子によく似ている事もあり、綺麗にイメージが決まっている。

この美しい星に

 媚びているわけではない。甘えているわけでもない。殊更に演出しているわけでもない。
 なのに、この作品からは愛と優しさを感じる
 澄んだ声で涼やかに、丁寧に歌い上げられるのは、そこらのありふれたラブソングとは一味違う、もっと大きな何かへの賛歌。20年経っても古い印象が無く、普遍的な魅力を感じさせるあたり「神曲」タグの存在にも納得だ。
 そして、リズム感と伸びやかさを兼ね備えた清冽な曲に、笑顔で踊る律子がよく似合う。こういう種類の優しさを描こうとすると、確かに律子が適任に思える。

 ダンスメインとは言え要所要所にホワイトアウトやセピア調がセンス良く織り込まれており、曲の雰囲気と映像の雰囲気がしっかり調和する
 丁寧に作り込まれた作品だ。強烈なインパクトは無いが、心に染み入る物がある。おっさんホイホイであると同時に、別の意味でも大人受けする作品と言えよう。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。