リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:エージェント夜を往く<Client:Y>
作者:安息香P
特徴:真 雪歩 M@STERVERSION 公式曲MAD ゆきまこ 誕生祭



 投稿時間に愛と気合いを感じる、真の誕生祭に投入された作品である。が・・・。
 これを見逃していた管理人はどう考えても目が節穴です、本当に(ry
 リアルなどが色々忙しかったとは言えマジで気付いてなかったでござるよ。あひゃひゃひゃひゃ

 公式曲の「エージェント夜を往く」は、その歌詞がよく聞くとかなり危険である。
 しかし意外と言うべきか、その危険さを真正面から取り上げたPVを、これまで管理人は見た記憶が無い。前述の通り管理人の目は節穴なので、既に色々発表されている可能性はあるが。

エージェント呼ぶだけあっていい部屋におります

 エージェントは真。そのエージェントを呼ぶのは雪歩。
 恐らく誰もが一度は妄想に描いたであろうこの組み合わせだが、ここまでドストレートに具現化されると、どうにも圧倒されてしまう。
 高層ビルの部屋に一人たたずむ美女にどこからともなく迎えに現れる男、というシチュも超が付く程の定番だし。そう、この作品の真は男扱いなので念のため(笑)。歌詞と配役を考えれば当然だよね。

やあ、お嬢様

 この作品、画面に出てくる割合は雪歩の方がかなり高い。しかし、その雪歩がエージェントに染められていく様がなんともゾクゾクくるのである。服が変わったり目の色が変わったり。
 故に、エージェント真は画面にあまり出てこないが、その存在感は物凄い。
 まさにアンダーグラウンドのサービス、恋と欲望を弄ぶ詐欺師。

 初っ端にカーテン越しとは言えシャワーシーンを突っ込んだり、月夜が雲に覆われて嵐の夜に変わった挙げ句停電したり、ムード作りにも余念がないのもポイント。
 と言うか、よく考えるとダンス自体はほとんど公式だから、細かい雰囲気作りを怠ると普通のステージダンスPVになりかねないんだよね、これ。
 しかしこの作品は、誰が見ても「自作ステージのダンスPV」ではなく「背徳感漂うエージェントとクライアントの邂逅」という方向に認識するであろう。そのように作品をまとめ上げた所は、お見事と言っていいと思う。

 つーかやっぱりこの曲エロいよ(笑)。
 これを16歳に歌わせるプロデューサー、ってかバンナムはなかなかのオニチクだわ。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。