リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 律子 「グッバイ・ボーイ」カラーボトル
作者:シラカワP
特徴:im@sストーリー系PV しっとりつこ



 ・・・さて、この距離感をどう表現した物か。
 青春の1ページではあるのだが、でもそこから一歩引いた感覚。冷静だけど冷めているわけではない視線で、自分と彼女を見つめる目。
 空が澄み切った秋の夕暮れのような爽やかさと温かさの共存した空気が、絶妙な微妙さを醸し出す作品である。
 故にインパクトは弱めだが、気がつくと心の奥深くまで浸透していたりする。

 それも含めて、なんとも律子らしい作品だ。「しっとりつこ」タグが付くのも納得だろう。

夕焼けは別れの色

 ストーリー系PVに定評のあるシラカワPだが、今回の作品もまた色々と凄い。
 全部で6分ある中で、物語の時系列が変えられているのは驚いた。管理人は「アレ、なんか終わりっぽいけど残り時間が妙に長いぞ?」と思い、そこから見事に一本取られたのだが・・・この作品のメインテーマを強調する事とか、それを支える背景情報をさり気なく過不足無く配置する事とか、突っ込んでいくとホントよく考えられているなーと思う。

 メインテーマ。卒業と、別れと、その先。

それが始まりだったのかも知れない

 繰り返すが、この作品は不思議な距離感がある。直球っぽいのに直球じゃない。
 その理由はラストシーンにあるのだろう、と管理人は思う。そこを「今」と考えると、全てが綺麗に収まるのである。
 この作品は最後まで見て、読んで、初めて分かる作品かも知れない。逆に言うと、序盤だけ見ても分かりづらかろう。その序盤が少々地味なのでツカミが弱いのが惜しいが、それが必然なんだから仕方ない。

 そして、そういう微妙さの魅力は管理人の筆力ではなんとも表現しづらいのだ(笑)。
 見も蓋もないが、管理人はこの記事でこの作品の魅力を書けた気がしない
 なので、「最後まで見ろ、そうすれば分かる」という言葉で締めて、逃げさせて頂く!
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。