リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 雪歩「for フルーツバスケット」PV
作者:遅咲P
特徴:雪歩ソロ iM@sストーリー系PV 岡崎律子 ちょっホイ MASTERSPECIAL



 この作品のステージは、冬から春にかけてである。
 雪歩の私服はどう見ても夏服なので、この作品はサンタ衣装をカラーチェンジして冬服にしている。
 背景は自作3Dである。とゆーかPまで自作3Dである。
 そして、ダンスステージから雪歩を抜き出している事をすっかり忘れるほど、ストーリーPVになっている。アップシーンの表情や角度がいちいち絶妙で、よく素材を確保できたなと。
 自作背景ならではの遠景とカメラアングル、違和感を感じさせない背景と雪歩の重ね合わせなど、技術的にはかなり緻密な調整をやっているだろう。

 それだけの裏打ちがあるから、物語の世界に素直に入れる。

町の片隅の小さな出会い

 この作品の主役は雪歩だが、もう一人(?)の主役がこのタンポポだ。
 これについてはネタバレになるのであまり書けないが・・・雪歩と、Pと、そしてタンポポ。か弱く見える花と、差し込む日の光。
 全体的にくすんだ色合いと、どこかもの悲しい空気。
 あらすじにまとめたら、よく見かける物語になるかも知れない。
 ・・・しかし。

ここだけ切り出すと、よく分からないかも

 背景が自作でカメラワークやアイテム配置が自由自在という利点を存分に活かしたこの作品は、穏やかな流れの中で雄弁に訴えかけてくる物がある。
 例えば1:19~の遠景などは普通は入れられないし、入れようとも思わないだろうが、そういうシーンを「活かす」のである。
 ストーリー系PVのタグが付いているが、そのストーリー性はもはやノベマス級であろう。

 見てて涙が出てくる。岡崎律子の歌という事もある、ゆりしーがカバーしたバージョンを使っている事もある、その歌詞と雪歩の境遇がシンクロする事もあれば、動画自体の完成度の高さも、作者が込めたであろう思いの強さが伝わる事もある。
 そんなこんなを全てひっくるめて、この作品は泣ける。素晴らしい。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。