リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター Eple / my song
作者:TPTP
特徴:NONOWIRE10 im@sオールスター Röyksopp iM@SHUP アイドルマスター2



 やられた!! と思ったP、多いんじゃ無かろうか。
 この作品は再現系で、元ネタとなるPVが存在する。が・・・
 だからってこれを作れる、作ろうという発想に至るかどうかは話が別だ。

色合いは古くささの演出かな?

 この作品、前半部はカメラが切り替わらない。でもシーンは次々と切り替わる
 なんじゃそれ? と思う貴方、見てみれば分かる、これもノーカット長回しというんだろうか? ちょっと違う気がするが(笑)、こういう方向にカメラを振り回した映像は新鮮だ。
 新鮮すぎて、アイドル達は静止画なのだが動きの激しさに酔う人が出るかも知れない。

なんか映ってれぅ

 ただしこの作品、ただの再現物ではない。
 よーく見ると、時間が経つにつれて事務所がグレードアップしていたりするし、TPTPは元来マッシュアップ系のPである。そして、普通のPVを出す時はてぴてPという別名を使うのが恒例だが、この作品はTPTP名義で出しているのである。

 まあ、あとは見てくれたまい。
 最初の事務所から始まって、アイマス2映像を使ったステージまで至る経緯には、もはやメッセージ性すら感じる管理人である。
 そういう意味では、この作品は再現物だけどその範疇を超え、あくまでアイマスのMADとして立場を固めていると思う。

 いや、よくぞここまで違和感なくまとめた上に「自分の物」にしたもんだ。
 NoNoWire10の中でもかなり異色であろうこの作品は、まだ映像表現にはフロンティアがあると感じさせてくれた。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。