リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 真 "Silhouette of a Breeze"(英國戀物語エマ)【iM@S_Inst.祭】
作者:a-eruP
特徴:真ソロ メイド服 iM@S_Inst.祭




 ・・・そう言えば管理人は、メイド服を見てロベルタより前にこっちを連想したんだっけ。

 メイドマンガ「エマ」から、アニメ版OPがインスト祭りに登場。
 ただし、原作者の自他共に認めるメイド好きっぷりはネタの範疇を超えており、一連の原作は当時の社会風俗まで忠実に描ききったかなりのガチ作品である。この作品もそんな原作に敬意を表してか、雰囲気がガチなのでそのつもりで。

メイドが恋をしてはいけない時代がありました

 時々アニメOPのシーンが背景にうっすらと写り込むのだが、やはりというかメイドの本場を描いた原作だけにメイド服とよく似合う。むしろアイマスのステージの方に違和感を感じるほどだ。
 曲想も19世紀調でこれまたメイド服に合う。短いながら拍子が切り替わったり一拍ずれたり、なにげに難易度が高そうな曲なのだが、ダンスの方もシーンをうまく切り替えて対応。
 テンポのいいシーンでも緩やか目のダンスを合わせているが、これも雰囲気の一環と思われる。やはりメイドは控えめであるべきだよね、うん。

 そう言うわけでこの作品は、メイド本来の萌え(・・・萌えという言葉も不適切かな。魅力、と言うべきか)を思い出させる、綺麗な小品である。
 即死系メイドに殺され疲れた人(笑)は、こういうメイドで癒されるがよろしかろう。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。