リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター 『DJMAX -the Idolmaster Edition-』
作者:かおす二号Pと愉快な仲間達 総勢13名
特徴:音ゲーMAD@アイマス アイマスP合作動画 アイマスメドレーPV



 14分の動画が「世界の新着動画」通称セカチャクを完走
 いわゆるPV系としては最長記録である。それがこのメドレーの凄さだ。
 DJMAXというのは韓国の音ゲーで、この動画の主催者・かおす二号PはDJMAX×アイマスのコミュにて「究極地味ジャンル」とのたまっておられる。
 確かにDJMAX自体はそんなに知られてはいないだろう。
 だがこの作品はむしろ究極に派手である

ツカミはOK過ぎる

 だって初っ端からこれ。もうアボカド。バナナかと。

 で、だ。この人数、この長さのメドレー合作となると、大抵の場合は「ここからここまでは誰の担当」という形の連作になる事が多いのだが、この動画はそれぞれのパートが複数Pの合作になっているという特徴がある。ベホイミ無双パートだけはソロのようだが。
 そして、実は元々のDJMAXのムービーの再現系でもある。と言ってもかなりの割合で独自解釈は入っており、ほとんど別物と化しているパートもあるのだが、それでも共通性は見出せるのが興味深い。

すげぇ亜美真美

 音ゲーMADだけあって、こんだけ映像が乱れ飛んでもそれぞれがちゃんとリズムシンクロを意識して構成されているのもミソだろう。アイドルの動きはゆったりとしていても、エフェクトやカメラがきっちりとリズムを刻んで乱れない。
 そしてガチ、ネタ、ほのぼの、ホラー(?)と各種取り揃え、それぞれが自己主張して他に負けない。参加したPにとっては、この作品は共演であると同時に競演でもあろう。
 ここにはガチ系のみスクリーンショットを載せたので、他は自力で確認して頂きたい。

 見ての感想としては、DJMAXがマイナーとか嘘だろ? という感じ。こんだけ重量感溢れる合作なんだから、元ネタも超メジャーに違いないとか思ってしまう。
 つーか知らない人に見せたら、もはや音ゲーとすら思わないかも知れない。そういう水準のPVである。言いたいことは分かってくれるよね?
 恐るべきこだわりと作り込みのメドレー。さすが14分を完走しただけの事はあった。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。