リアル生活激変につき更新停滞中でござる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
題名:アイドルマスター ラッキーカラー(プロアクティブのタイアップ曲)
作者:明石太郎P
特徴:真ソロ SHY 処女作




 この作品に何故惹かれるのか、管理人は最初よく分からなかった

 最近はデビュー作でいきなり場外ホームランをかっ飛ばすPが結構いるが、明石太郎Pのこの作品はそういう面では普通の処女作だ。演出効果はほとんど無いシンプルな作りだし、歌詞テロップの入れ方にまだ慣れてない事も伺える。
 早い話、普通に見ると注文の方が多くなりそうな作品である。
 ・・・なのに、どういう訳か気になった。

不思議な魅力があります

 結局、辿り着いた結論は以下の通り。
「無理矢理跳んだ月面宙返りより、爪先まで揃えて跳んだ一回転の方が美しく見える」

 この作品、とにかく基本をおさえる事に力を入れている。
 早い話がシンクロ重視型だが、どうもその精度が一般レベルより高いようだ。管理人は開始30秒で「おお!?」と思った。
 シンクロが上手い作品は多いが、シンクロだけで管理人をここまで釣った作品は珍しい。
 見慣れた動きのはずなのに、この曲のために作られたかのような錯覚を受けた。その感覚がどうにも印象深くて、結局こうして記事にしてしまった次第である。

 そのシンクロも一部に乱れがあるのが惜しいのだが、地味に末恐ろしいのはこれを二日で作ったらしい事。経験と素材を豊富に取りそろえたPがノーマルPVの改変をベースに仕上げるならともかく、初心者が全く別の所から曲を引っ張ってきて二日でこれってのは・・・。
 時間と素材をたっぷり注ぎ込んだらどうなるのだろう。いつかそんな作品を見たい管理人であった。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。